円城塔に便乗してやったぜ、伊藤計劃

今さらですが、円城塔の『Self-Reference ENGINE』。
ものすごい勢いで売れているそうです。
初版で手に入れられた方は幸いなるかな幸いなるかな(何だか「初版絶対主義者」のようなことを言っている)。

そんな円城塔の『Self-Reference ENGINE』を紹介しているPOPが、丸善丸の内本店にあることを今頃気付いてしまいました。
円城塔『Self-Reference ENGINE』の紹介POP
この本、発売されてもうかなり経つし、丸善の丸の内本店にも何度も来ているはずなのですが、このPOPの存在にはまったく気付いていませんでした。
本を一度買ってしまうと、あとはどのように販売されているのか見向きもしないというのは、「本屋ウォッチャー」としてあるまじき行為ですね。すんません。

そんな訳で、改めてこのPOPをよく見てみました。
ふむふむ、このあと同じ"ハヤカワSFシリーズ Jコレクション"から『虐殺器官』を出す伊藤計劃が、円城塔にエールを送るという、友情麗しきPOPのようなのです。
「走れメロス」張りのあまりの美しき友情愛に、店の中で涙がこぼしそうになっているぼくがいるのですよ。

しかし、そのメッセージをよくよく見てみると......
ちゃっかり自作の宣伝をしている伊藤計劃
伊藤計劃、『Self-Reference ENGINE』をお勧めしているように見えて、その実、自分自身の『虐殺器官』の宣伝をちゃっかりしていたのでした。
ぎゃふん。