本番前の下見

ポタライブの“おまつり的公演”である「Show Case Day」も、今日で終了です。

今日も、本番前にまずはコースの下見から始まりました。
ポタライブの公演は屋外、それも街なかで行なうために、いざ本番となると道路工事が始まっていたり、ゴミが散らばっていたりなど、事前に状況が変わっていたりする可能性がないとは限りません。
そこで本番前、まわるコースが今日はどういう状況なのか、その確認とともに、自分自身が街から受けるコンディションを整えるために、コースの下見をするのです。
本番前にコースを下見中

一通り見回ったのですが、大丈夫です!
稽古の時と状況に変わりはなく、また今日の街の状況を受け入れて、自分のなかでベストを尽くすだけです。
ああ、でも冗談抜きで暑いです、暑い。
ふと目に入ったのですが、「光化学スモッグ注意報発令中」って……ヤバいんじゃないかしらん。
水分補給だけでは真夏のポタライブには勝てません。
あれ? でも光化学スモッグが出ていたら、どうしたらいいんだろう。どうしようもない……のかな。

コメント

ポタライブデビュー、本当にお疲れ様でした。
作品に至るまでにとても長い時間の準備があるのですね。驚きました。

俳優としての参加、完全にポタライブの中に溶け込んでいました。
踏み切りでの表情がとても印象的でした。あと、全力ダッシュが(笑)。
着信だけを見逃したのがとても心残りです。

土曜日はどうもありがとうございました。
やはり“観る側”から“つくる側”にまわってみて初めて判ったことが多いですね。
それだけでもワークショップに出た甲斐があったと思うのですが、それ以上に今回は“出る側”にまでまわって、逃げ出したくなるほど苦しい思いをしてしまいました(笑)。
ただ終わってみると、実はとても楽しかったんだと気づき、「ああ、ぼくの夏はこれで終わったんだなあ」と感傷に浸っています。
今回は多くのプロの方々とお話しができ、それだけでもとても楽しかったですね。

奥海さんもご覧頂いて、どの作品も楽しんでいただけたようで何よりです。
それだけに「着信」がラストまでご覧いただけなくて、残念です!
実はあの作品、あっと驚くオチが待ち受けていたので……。

奥海さんもワークショップの中級編に参加されたら、最後に発表の場が設けられるので、その日をとても楽しみに待っていますね!