西尾維新サイン本購入1時間以上待ち

もう既に、あちこちのサイトでも告知されているようですが、今日の正午から講談社の通販サイトで、西尾維新の新刊『トリプルプレイ助悪郎』のサイン本が販売されたのでした。
この『トリプルプレイ助悪郎』は、清涼院流水の"JDC(日本探偵クラブ)シリーズ"にインスパイアされた西尾維新が自分自身でキャラクタとストーリーを創造した、いわば西尾維新版"JDCシリーズ"で、『ダブルダウン勘繰郎』に次ぐ2作目なんですね。
そんなJDCシリーズとあれば黙っている訳にはいきますまい。

そんな訳で講談社の通販サイト。
『トリプルプレイ助悪郎』特設ページのタイトルイラスト

予告どおり12時には、『トリプルプレイ助悪郎』の特設ページが、サイン本予告案内から販売ページに変わりました。
以前に乙一『銃とチョコレート』のサイン本を講談社の通販サイトで購入したときは、全国から一斉にアクセスがあったためサイトの表示がメチャクチャ重たかったのですが、なんと! 今回は拍子抜けするほどスムーズに繋がるではありませんか。
ページの下の方にちゃんとショッピングカートのボタンが表示されています。
20070806-002.jpg
「よし、購入だ!」とカートに入れるボタンを押すと、ログイン画面も問題なく表示されます。
「イヤッホウ、全然問題ないぜ、ラクショーだぜ、余裕余裕♪」とハナウタ交じりにログインをしようとしたのですが......あれあれ?
何だか様子がおかしいのです。
ログインボタンを押したところで、まったく新しいページが開こうとしません。
「まあ、きっと全国からアクセスがあるんだろうから、少々はサイトも重たくなるだろうな」と思っていたのですが......タイムアウトしちゃいましたよ。
「仕方ないなあ」とページを戻り、再び申し込みをしようとしたところで

あれ......?
さっきまで確かにあったはずの、『トリプルプレイ助悪郎』の販促ページがなくなっているのですよ!

ブラウザには「ページが存在しません」と表示されます。
念のためにリロードしてみました。
......やっぱり「ページが存在しません」。
うーん、ぼくは夢でも見ていたのでしょうか。
いやいや、確かにページは存在していましたって。
そんなわけで講談社の通販サイトのTOPページから入ってみることにしました。
すると......何じゃこりゃあ!
アクセス集中に尽き、表示できませんって......ホンマか?!
アクセス過多でサーバーがお仕事放棄しちゃっていますよ。
......いや、サーバーがお仕事放棄するには少々状況が変です。
何しろ、TOPページに行こうとすると、このメッセージが"すぐに"表示されるのですよ。
"すぐに"このメッセージが表示されると言うことは......「サーバー側で処理がタイムアウトしたときにだけ、臨時的に表示する」のではなく、「最初から完全にこのページしか用意していない」と思うのです。
それが証拠に、TOPページ以外の中のページにアクセスしようとすると「ページが存在しません」。
完全にTOPページだけ"お断り文"に差し替えて、中身をすべて引き上げてしまった模様なのです。

これは立派な講談社からの挑戦状ですよ。
きっと、サーバーへのアクセス数が減ってきたらページを復活させようと様子見をしているに違いありません。
向こうがそのつもりなら、こっちだって様子見してやるさ。
......と言いながらリロードを繰り返しているのですから、結局はサーバーへのアクセスを繰り返しているに変わりありません。
きっとこの間にも、ぼく以外の多くの人々がリロードを繰り返したり、[F5]キー連打をしていることでしょう、30分程度で復旧させるかと思っていたのですが、相変わらず「アクセスが集中しております」&「ページが存在しません」。
これはもう、「講談社」vs「購入希望者」の根競べの様相を呈してきましたよ。
購入希望者が購入を諦めてサーバーへのアクセス数が減ってくるのを待っている講談社、いつになったら復旧するのだろうとリロードや「F5連打」を繰り返す購入希望者。

それでも「お昼休みが終わる13時までには復旧させるだろう」と考えていたのですが、甘かったようです。
13時を過ぎても「アクセスが集中しております」&「ページが存在しません」。
ひょっとしたら、今日という日はこのまま終わってしまうのだろうか......と心配になってきたところで13時20分。
お昼休みが終了してしまって、諦めた方も多く出てきたのでしょうか。
「アクセスできたー!」
何だかとっても久しぶりな気がする表示画面にしばらく見入ってしまいましたよ。
そんな訳で1時間20分待ちの行列に並んだような気持ちにさせられながら、ようやく注文が完了したのは13時27分。
すぐに注文確認メールが来たので見てみると......えっ?!
13時50分に注文したことになってますよ。
メールの到着時間と注文時間が大幅に違いすぎています
サーバーの内蔵時計狂い過ぎです。
ひょっとするとチケットぴあで電話がつながらないときのように、アクセス過多のときに既にいくつかずつでも注文が捌けていって、ぼくが頼んだのはもうサイン本ではなくなっていたのかもしれません。
心配になってきて、念のためにもう一度、『トリプルプレイ助悪郎』特設ページを見てみました。
すると......おおう。
サイン本販売は終了したとメッセージが出ていました
もう売り切れになってしまっていて、ショッピングカートのボタンも表示が消えているのでした。
ということは、ちゃんと申し込みができたのでしょうね。
何だかいつも講談社の通販サイトにはハラハラさせられます。

ところで。
その前にも大変な思いをして購入した乙一『銃とチョコレート』のサイン本ですが、その後、紀伊國屋書店のサイン本フェアでビックリするほど積み上げらていたのでした。
なので、ひょっとすると今回の西尾維新の『トリプルプレイ助悪郎』も、しばらくしたら普通に本屋さんでサイン本が並んでいるのかもしれません......。