今年も腹に響いた神奈川新聞花火大会

ぼくが勝手に「横浜三大花火大会」と呼んでいるなかで、トリを飾るのが「神奈川新聞花火大会」です。
もう毎年書いているような気がしますが、この花火大会だけは、週末であろうと平日であろうと、なぜか律儀に8月1日に行われるのです。
そう、今日なんですね!
特に今年は、「横浜開港記念みなと祭 国際花火大会」が開催日に台風直撃のため中止となってしまったので、まったく花火を見ていない、寂しい夏になってしまっているのですね。
これではいけません。
しかも、この神奈川新聞花火大会は、公式ホームページの開催要項によると

目玉は関東でもなかなか見ることのできない「2尺玉」。地上500mの高さで直径480mの広がりを見せる。その他、大スターマインなど、大きな玉を中心に約8,000発を予定。 (公式ホームページより)

ということです。
つまりは「横浜三大花火大会」の最後にして最大なのですから、これを見逃す訳にはいきません。

そんな訳で、会社からとっとと家に帰ろうと電車に乗り込みました。
すると......おおう。
これから花火を観に行くのでしょうか、車内には既に浴衣姿のお姉ちゃんたちの姿が見られるではありませんか。
いいね、いいね、いいですね。
もう電車の中から既に花火大会のムードは盛り上がってくるのです。

家に帰り着くと、早速ベランダの見やすい場所にベンチを移動させます。
そして冷たいお茶も用意し、手足首筋には虫除けスプレーをシューシューして準備万端、「いつでも来いや!」状態です。

そして19時15分、今年もメチャクチャ中途半端な時間から始まりました。
まずは2~3発の大玉から打ち上げられて、お客さんのご機嫌伺いからスタートします。
そして、「あれよ、あれよ」と言っている間に、高いところ、低いところ、あんな形、こんな形、あんな色、こんな色......と、もうとにかく乱れ打ちなんです。
そして! 出ましたよ! 2尺玉!
ヒョロヒョロヒョロ......と、人魂のようなタマがどこまででも天に昇っていき......「ドンッ!」
腹の底まで鳴り響くのです。
その瞬間に視界一杯に広がる大輪の花。
毎年この2尺玉を見て、その迫力は知っているのですが、やはり見るたびに新鮮な感動に包まれます。
もう「お見事」のひと言に尽きますね。

こうしてあっという間の1時間ちょっと。
8000発を打ち尽くすと、モウモウと立ちこめる煙だけを残して、今年の花火シーズンは幕を下ろしたのでした。
20070801-001.jpg

20070801-002.jpg
【こちらは、クリックすると大きな写真が表示されます】

トラックバック

» 神奈川新聞HANABI!! from みゆ☆ろぐ
神奈川新聞花火大会 行ってきました( ・д-☆ 初めての神奈川新聞花火はヴァンテアンクルーズから鑑賞(*^д^*) 竹芝桟... 続きを読む