母からの携帯メールに泣きそうになった話

母上様、お元気ですか。
夕べ、杉の梢に明るく光る星ひとつ、見つけました。

……ってそれ、「一休さん」のエンディング曲ですから。
ぼくの母親は 将軍様(間違えていました) やんごとなき人の愛人ではないのですから。

しかしやはり実家の関西は遠くになりにけり。
13年連れ添った愛犬を亡くしてしまって一時は床に伏せっていた母は、もう元気になっているのでしょうか。
ついつい実家への連絡がご無沙汰になってしまい、そうするとますます連絡を取る機会がなくなってしまう今日この頃、「便りがないのが元気な証拠」と強がってはいました。

しかしそこはそれ、電話で気軽に連絡を取れればいいのですが、電話代が気になるセコい奴。
メールを出せばいいのですが、そんなウチの母親が、携帯電話の、それもメールなんて文明の利器を使いこなせるでしょうか。

そんな心配をしていたある日、実に珍しく、その母からメールが届きました。
嗚呼、オカン。すごいぜ、オカン。
一文字ずつ、一所懸命に文字を打ち込んでいるその姿が浮かんでくるようです。
思わずこぼれそうになる涙をこらえながら、メールを読みました。
皆さんも、「母さんの歌」をBGMに思い浮かべながら、ご一緒にお読みください。
♪母さんが夜なべをして、手袋編んでくれた~

To: Nakahashi Kazuya
From: 母より
Sent: Sunday, July 29, 2007 16:11
Subject: Fw:鉄腕ダッシュ
-----
鉄腕ダッシュでTOKIOがメールがどこまでつながるか実験中です。
このメールは長瀬チームで、始まりは北海道の加藤浩さんからです。
このメールをとぎれる事なく9人に送って下さい。
結果は7月29日午後7時からの鉄腕ダッシュです。
……おい。
これってチェーンメールじゃないですか。

実家のオカンからのメールに、ホント、泣きそうになってしまったのでした。
(しかしなぜに今頃になって、「鉄腕ダッシュ」ネタのチェーンメールがオカンのもとに……?)

コメント

(笑)本気で泣く準備してたのにっ!!

よりにもよってこのチェーンメールとは・・・どんなルートでなかはしさんのお母さんにたどりついたのかも気になる(^^;

号泣する準備はできていました?
(江國香織のタイトル風)

しかしこのチェーンメール、確か流行ったのが、まだ「鉄腕ダッシュ」がスタジオ収録していた頃だったと思うので、2000年頃だったような気がするのです。
あれからまだ、このメールがどこかで彷徨っていたのでしょうねえ。
しかしそれにしてはちゃんと日付が修整されていて、やっぱり誰か黒幕の存在を感じ取られるのですが……。