台風の次に地震くる

夜明け前に寝たのに、珍しく早く(と言っても9時過ぎ)に起きていた今朝。
「ウワー、何かめまいがしてるなぁ。やっぱり寝不足かなぁ」と思っていたら……「地震だよ、これ!」

何だかもの凄く長い時間揺れているような気がします。
「これはひょっとして、ヤバい?」と、念のためリビングの15キロはあるガラス照明の真下から離れて、タンスなどの家具が何もない部屋に避難し、様子を見ていました。
しかしいつまでも揺れ続けているような気がします。
これは本当に地震で揺れ続けているのか、それとも単なる気のせいなのか、それとも寝不足によるめまいなのか。

リビングのテレビではワイドショーを点けっぱなしにしていたのですが、特に地震速報も流さないようなので、「やっぱり寝不足だな、こりゃ」とそのまま寝てしまいました。

目が覚めるともう夜。
テレビを点けてみると……オオウ。
今回の地震は阪神大震災並みのクラスで、震源地の新潟方面ではとてつもないことになっていて、世間ではとてつもない騒ぎになっていることをようやく知ったのでした。

昨日観ていた台風関連のニュースで、「沿岸部では、高波が数メートルにもなるおそれがあります。ご注意ください」と言っていたときに、「津波と高潮が重なったらとんでもないことになっちゃうなあ」などと不謹慎なことを思ってしまっていました。すみません。
まさか本当に地震が来るなんて思ってもいませんでした……。
新潟方面で大きな地震が続けて来るなんて、泡坂妻夫の「亜愛一郎シリーズ」の某作品のネタが使えないよなあ……などと、「すみません」とか言っておきながら、さらに不謹慎なことを考えたりしてしまっているのでした。

【24時20分の追記】
そんな全身不謹慎状態なぼくが、先ほど風呂に浸かりながらボーッと新聞を読んでいると……「ん?」。
またしても眩暈です、眩暈。島田荘司ではありません(←それも『眩暈』)。
今日はよっぽどお疲れなのでしょうか、ぼく。
「寝不足のうえに風呂でのぼせたかな……」と思ったりもしたのですが、その割には足元からしっかりと揺れている感触なのです。

「どわ、また地震だ」

幸いにして風呂場の中は倒壊するような家具がないので安心なのですが、しかしぼく自身がスッポンポンの全裸状態。
これが大地震とかになって「緊急避難!」とかなったら、いったいどうすればいいのでしょう。
ちゃんと風呂にはいるときは、着替え(パジャマではなく、ましてやガウンやバスローブなどと言ったセレブなものでもなく、ちゃんと外に出られるような服)を用意しておいた方がよいのかもしれません。