あさのあつこサイン色紙にラーメン屋を思い浮かべた

以前にも書きましたが、とある本屋さんで台車にそのまま置かれたままになっているのを見て、「これはきっとファンの良心を試しているに違いない」と思った、あさのあつこのサイン色紙です。
画質が悪くてよく判りません
(以前に見かけた"ファンの良心を試しているところ"のサイン色紙)

今日は別の本屋さんでのお話です。
このお店でも、あさのあつこのサイン色紙を見かけました。
こちらでは、色紙をちゃんとビニールに入れてあり、「せっかく先生に書いていただいた色紙なんだ。きっちりと保存しよう」という心意気が現れています。
ビニール袋に入れられ、何か書かれてあるあさのあつこサイン色紙
......が、どうもこのビニール袋に何か書かれてあるのですよ。
何が書かれてあるのかな......と少々近眼気味のぼく、思いっきり近寄ってみてみました。

『ランナー』って、新刊のタイトルじゃないですか!
ランナー

こ、こ、こ、これは!
今回のあさのあつこの新刊タイトルですよ!
というか、この新刊が出たから販促としてサイン色紙を書いて、各書店に送っているのに違いないのです。
それをわざわざビニール袋の上からとは言え、書き込んでいる......。
場所も色紙の隅とはいえ、中央部分ですよ。
目立つことこの上ありません。
しかもハッキリ言うと、汚い

そういえば、この色紙のどこにも本のタイトルが書かれていません。
あさのあつこのサインと落款、それにメッセージだけです。
(モザイク部分は本屋さんへの為書き)
ということはですよ。
この本屋さんでは、お客さんに「このサイン色紙は、『ランナー』出版にあたって、あさのあつこさんが書いていただいたものです」ということをアピールしているのでしょうか。
......うーん。
どうもその割には文字がメチャクチャ小さくて読みにくいし、ハッキリ言って汚いですし。
あまりアピールとして効果を上げているとは思えないのですね。

ということは、本屋さん自身の覚え書き?
「このサイン色紙は『ランナー』のための販促グッズだから、『ランナー』を平台から引き上げるときは一緒に撤去すること」みたいな感じで。
だったら、別にサイン色紙のこんな表面に堂々と書かずに、裏でよかったのではないかと思うのです。
謎なんです、謎。

あるいは、ひょっとして「お客さんへの告知」と「本屋さん自身の覚え書き」の、その両方の効果を狙ったのかもしれません。
ラーメン屋なんかでよく見かける"タレントのサイン色紙"。
あれと同じパターンですね。
タレントのサインって結構、"クチャクチャクチャッ"としているので、お客さんが見ても誰のサインだかよく判らないし、あとから店の大将が見直しても「あれ? これって誰のサインだっけ?」ということのないように、ちゃんと「誰のサインか」片隅に書かれてあると思うのです。
今回のこの「ランナー」の文字も、そんな両方の効果を狙って書かれたものなのかもしれません。

それにしては、やはり色紙の隅の方とはいえ中央に堂々と書かれてあるわ、文字が小さくて汚くて読みづらいわ、という点が謎なのですが。

......あ。
ひょっとすると、「本屋さんの覚え書き」とするつもりでビニール袋に書いたものの、表と裏を間違えて書いてしまったということもあり得ることに気が付きました。
単なるオッチョコチョイが、事件の謎を深めていただけといういわゆる「バカミスパターン」ですね。