講談社ノベルス25周年記念「全国25ヵ所サイン会&トーク会」のナゾ

この週末、朝も昼も夕方も夜もずっと寝てばかりいて、時間感覚がメチャクチャです。
もう夜明けなので早く寝なければなりません。
そんな時間感覚がメチャクチャなので、日付もメチャクチャになっているこのブログです。

先ほど更新した「講談社ノベルスの特製グッズ、取りたい放題」に関して、確認のため講談社ノベルスの公式サイトを見ていて......「あれ?」。
とても不思議なことに気が付きました。

講談社ノベルスの公式ページ内に「イベント情報」のコーナーがあり、ここで講談社ノベルス25周年記念「全国25ヵ所サイン会&トーク会」の告知がなされています。
6月分の開催として、大阪の「篠田真由美サイン会」と、川崎の「霧舎巧サイン会」の告知がされているのですが......

6月開催分の「全国25ヵ所サイン会&トーク会」

「4回目と5回目のイベントになります」って、数が合いません!
幸いにして5月のイベント告知がgoogleのキャッシュに残っていたので見たところ、5月は「森博嗣講演会」と「勇嶺薫サイン会」しか開催されていないのです。

5月開催分の「全国25ヵ所サイン会&トーク会」

ということは、5月に

  • 1回目:森博嗣講演会
  • 2回目:勇嶺薫サイン会

が行われ、続いて6月に

  • 4回目:篠田真由美サイン会
  • 5回目:霧舎巧サイン会

が行われるということになるのですよ。
......3回目はどこに行っちゃったのでしょう?

あ、まさか。
勇嶺薫がサイン会を行ったのは名古屋と東京の2ヶ所。
ということは、

  • 1回目:森博嗣講演会
  • 2回目:勇嶺薫サイン会(名古屋)
  • 3回目:勇嶺薫サイン会(東京)

と言うカウントをしているのでしょうか。
まさかね......と思いながらも、よくよく公式ページの告知をもう一度見てみると......

ちゃんと「25ヶ所」って書いてあります
ちゃんと「全国25ヶ所」って書かれてあったのでした

そ、それでは......。
てっきりこのイベントは総勢25名の作家の方々が登場するのかと勝手に思いこんでいたのですが、そうではなかったのですね。
と言うことは、最後に清涼院流水のような精力的な作家が現れ、「全国20ヶ所サイン会実施!」なんて荒技をやって数を合わせちゃうということもありのような気がしてきたのでした。