講談社ノベルスの特製グッズ、取りたい放題

今年は講談社ノベルス創刊25周年記念ということで、数々のイベントの他にも、特製グッズを購入者特典として配られています。
まずは講談社の公式サイト内や帯でも告知されている「特製しおり」。
これは2007年5月から12月にかけての8ヶ月間に、合計25種類のしおりを作成、配布されるというものです。
ちなみに「特製しおり」第1弾は以下のとおりでした。

【綾辻行人バージョン】
講談社創刊25周年記念特製しおり第1弾「綾辻行人バージョン」

【森博嗣バージョン】
講談社創刊25周年記念特製しおり第1弾「森博嗣バージョン」

【はやみねかおるバージョン】
講談社創刊25周年記念特製しおり第1弾「はやみねかおるバージョン」

あとは不意打ちで配布されているのが特製の書店カバー。
いわゆるブックカバー、書皮ってやつですね。
(しかし書皮と言うのもスゴイ日本語ですよ。何しろなんですから、。そのコレクションって高木彬光の『刺青殺人事件』か......)
講談社特製の書店カバーをひっそりとつけてくれます
パッと見では、色合いから紀伊國屋書店のカバーのようですが、真ん中に大きく「KODANSHA NOVELS 25th」とあり、よくよく見ると講談社ノベルス犬まで印刷されていて、これまた講談社ノベルスファンにはたまらない一品なんですね。

まさかこの書店カバー(ブックカバー、または書皮)まで毎月デザインや色が変わっちゃうと言うようなことはないと思うので、最初の1回を購入しておけばよろしいのかと。
で、問題は「特製しおり」の方なんです。
単純に考えると、このしおり25種類をコンプリートしようと思ったら、5月から12月までの8ヶ月の間で25冊もの講談社ノベルスを買わないと行けないことになってしまうのです。
講談社ノベルスって、その月によって出版される数が変わるのですよね。
ドバッと出るときもあれば、3冊程度しか出ないときもある。
果たして、そんな「3冊しか出ない月」の本が全部読みたい本かというと......うーん、正直、そうじゃないときのことが多いのです。
なかなかハードな展開ですよ、こりゃ。

そんな悩みを抱えるコレクターに、信じられない風景が!
とあるお店でのノベルスコーナーです。
しおりのみならず、カバーまでも「ご自由にお取りください」状態
こ、こ、こ、これは!
講談社ノベルス特製のブックカバー(書皮)に、特製しおりですよ!
しかも特製しおりが入っているかごをよくよく見ると......
これからこのかごには配りきれなかったしおりが入っていくのでしょうか
「ええい、もうこうなりゃまとめて持ってけドロボー」状態。
写真では綾辻行人バージョンが見えませんが、ちゃんと3種類とも10数枚入っていましたよ。
そうか。
もう既に6月の講談社ノベルス新刊が出ているため、特製しおりも第2弾が出ているのですね。
そうなると、余ってしまった第1弾しおりをいつまででもレジカウンターのなかに置いておくわけにもいかず、こうして「好きなだけまとめて持ってけドロボー」状態にした......ということなんですね!

となると、フフフ。
12月までの間に、無理して25冊も講談社ノベルス新刊を買わなくても、いいということになっちゃうのですよ!
こうして翌月まで待っていれば、次のしおりが出る頃にはこうして余った分がゲットできるわけで......フフフ。

しかし考えてみれば、しおりはともかく、ブックカバーまでこんな「持ってけドロボー」状態にしたら、ちょっとアブナイのではないかと思うのですよ。
何しろ、未精算の本でも本棚の陰でクルリとこのカバーで包んでしまえるわけで、そうなると万引きし放題になってしまうのです......。
まあお客さんの性善説にのらないことには、大きな本棚で死角があちこちにある巨大本屋さんなんて経営は成り立たないわけですが。