有川浩『塩の街』サイン本で引き寄せる

有川浩のデビュー作である『塩の街』は、電撃文庫から発刊されています。
しかし『図書館戦争』で大ブレークし、さらには本屋大賞にもノミネートされた影響からでしょうか、ハードカバーで再刊されたようです。
新刊でもないのにズラリと並べられた有川浩『塩の街』

んー、「再刊」というのはちょっと変ですね。
ぼくのなかでの「再版」というイメージは、"出版されていたものが絶版(あるいは版元品切れ)になり、手に入れられなくなったものが再び発行される"ことなんです。
そう考えると、まだ電撃文庫で手に入れられる『塩の街』は再版とは言えませんね。
よくあるパターンで、「ハードカバーで発刊されていた作品が文庫本で発行される」ことを"文庫化"と言うので、これはそのまんま"ハードカバー化"と言えばいいのでしょうか。
とにかく、ゴージャスにバージョンアップされて売られています。

もう既に文庫本で持っているんだから、へへん、その手には乗らないんだもんねーと思っていたら......
『塩の街』の帯にはこんな扇情的な言葉が......!
ギャー。

何だか全然文庫とは違う本になっているようなんです。
うーん、うーん、これは困りました。
どうしたものかなあ......と悩みながらも別の店に行くと......
小路幸也や三浦しをんの新刊とともにサインコーナーに並べられている有川浩の『塩の街』
さらにギャー
小路幸也や三浦しをんの新刊とともに、『塩の街』がサインコーナーに並べられている!

結局、まんまとその手に乗ってしまっていたぼくがここにいるのですよ。
有川浩『塩の街』サイン本