駒場でポタライブ・ワークショップ「4.構成-A」

今日は駒場で行われたポタライブのワークショップに参加してきました。
……って、あれ? ポタライブのワークショップはもう既に修了したのじゃないのか?と思われそうですが、 いえいえ。
6月から始まる「中級篇」に参加することにしたのですが、その開催場所が、ここ、駒場なんですね。
ところがぼくがこれまで参加したワークショップはすべて小竹向原。
駒場という街にはまったく土地勘がないのです。
幸いにして6月の中級篇が始まる前にまだ「初級篇」が駒場で開催されているということで、「どんなところかな?」と偵察の意味も含めて参加したのでした。

まずは平田オリザの家などを見ながら、住宅街のなかをずいずい歩きまわります。
平田オリザの家のガレージには、傷だらけのクルマが止まっていて「え? 平田オリザって運転がヘタなの……」と思ったのですが、劇団員が自由に使ってもよいクルマなのだそうです。
大変失礼しました……って、平田オリザの家はたまたま前を通りかかっただけで、ワークショップにはまったく関係ありません。

住宅街の真ん中で、いよいよ「自分のテーマに即した“気になるもの”」を撮影していきます。
今回は、さすがに気温が暑かったためか、道端に動物たちがいなくて残念なのです。
そんな訳で、動物抜きでとりあえず気になるものを片っ端から写真を撮っていきました。
今、どれぐらい撮ったのか確認してみると……なんと、撮りも撮ったり、400枚(!)にもなっていましたよ。
いくらデジカメ時代全盛とはいえ、もうアホですわ、オレ。

お花がいっぱい、ステキな接骨院
お花がいっぱい、ステキな接骨院を見つけました。
カフェかと見間違えちゃいましたよ。
オープンカフェならぬ、「オープン接骨院」としても繁盛しそうです。

そうかと思ったら、花泥棒へのメッセージがありましたよ。
花泥棒へのメッセージ
「花泥棒に罪はない」という言葉があるからか、何だか「花泥棒」というと「恋泥棒」とか「おしゃれ泥棒」のように響きがステキに聞こえちゃうから不思議なんです。
少なくとも「花強盗」とか、「花殺人」、「花ひき逃げ」、「花通り魔」、「花ジャンキー」よりも罪が軽い、スマートで優雅な「泥棒さん」という感じがするのです。
……が、「返しなさい」って、メチャクチャ怒ってますよ。
これはきっと最初、「花泥棒に罪はないんだし、返してほしいということだけ書いておこう」とメッセージを書き始めたところで、一気に怒りがヒートアップ、そして「返しなさい」となってしまったのでしょう。
盗むのはたとえ花だけとは言え、やはり泥棒はやはりイカンですよ。
盗むのなら、“あの娘のハートだけ”にしておきましょう。
(何じゃそりゃ)

こちらのマンションでは緊急事態が発生中です。
連休も終わり、自宅マンションに帰ってきたところ……なんと、部屋に入れません!
家に帰ってきたら……家には入れません
バリケードが築かれています。
いったいこの部屋の借り主は何をやらかしちゃったのでしょうか。
家賃滞納?
とすると、これは督促状なのでしょうか、ドアの郵便受けに差し込まれてある封筒の存在が、また何やら不気味なムードを醸し出しているのです。
いったい、この部屋の住人の明日はどうなってしまうのでしょうか。
気になって仕方ありません。

駒場の街に、柴犬の迷い犬が現れちゃいました。
柴犬(女の子)の脱走犬、もとい迷い犬
「首輪が有りません」と書かれてあるので、これはきっと“脱走犬”なのでしょう。
しかしこの柴犬を保護した方は、「脱走犬」と書かず「迷い犬」としたり、「柴犬(女の子)」と書いちゃうあたり、犬へのラブに溢れているのです。
犬へのラブが溢れているから、保護をしてこんな張り紙までしているのでしょうが……。
4月3日頃から迷っているということは、もう1ヶ月。
もう飼い主は見つかったのでしょうか。

そして今回の一番のお気に入り、「パラボラ五兄弟」
みんな仲良く同じ方向を見上げて、とっても仲良しです。
駒場の街での一番のお気に入り、「パラボラ五兄弟」
うん、ステキステキ……と、ほのぼのとした気持ちで「パラボラ五兄弟」を見守っていると……うわぁぁぁ!
なんと、こんなところに「みにくいパラボラの子」がいたのですよ。
なんとこんなところに「みにくいパラボラの子」が!
一匹だけ可哀想に、日の当たらない場所で、しかし健気に他の兄弟と同じ方向を見上げているのです。
「みにくいパラボラの子」よ、きっとお前が大きくなったら、スパイ衛星の電波でも簡単にキャッチできるレーダー用パラボラに成長するだろうよ。
その日が来るまで頑張って生きていくんだよ。
……あ。
でも考えてみたら、この「みにくいパラボラの子」が成長してスパイ衛星の電波もキャッチできるレーダー用パラボラになっちゃったら、持ち主はスパイ容疑で逮捕されちゃうのかもしれないのですよ!
コヤツは恩を仇で返す、ひどい「みにくいパラボラの子」だったのでした。

そんな訳で駒場の街を彷徨うこと約3時間。
住宅街の真ん中にある図書館で調べものの意義を伝授され、その後はタリーズに移動して、今回のハイライト、「チャート」を作成しました。
つくった「チャート」をチェックされて、自分の心が丸裸にされていきます……

前回と同様に、今回も一度作成した「チャート」は主宰者の方のチェックが入ります。

  • 「この言葉の位置は、本当にここでいいのか?」
  • 「この言葉とこの言葉は、同義でくくることはできるのではないか?」
  • 「この言葉とこの言葉の上下関係は、本当にこの順でいいのか?」

……などなど。
前回、ぼくが作成したチャートでは、なぜか「市原悦子」なんて言葉が登場していましたが、今回は「ハゲ」に「ズラ(ヅラですね)」、「はだか」に「トイレ」に「パンツ」って……。
今回作成した「チャート」
明日はこのチャートをもとに、発表を行います。
いったいどんな内容になるのやら。