水飲み場、絶滅危惧種指定。

水飲み場。
そう、確かに昔は公園とか駅とか、思えばどこにでも水飲み場がありました。
特に夏なんてノドが渇くったらありゃしません。
そんなときは我先に公園の水飲み場に群がって、ワーワー、キャーキャー大騒ぎしながらゴクゴクと水道水を飲んでいたような覚えがあります。
これがどこかの近代的なビルのなかとかだったら、水飲み場も水道の蛇口なんてもんじゃありません。
クーラーで冷え冷えの館内にウォータークーラーのようなハイカラな設備があって、キンキンに冷えた水がグビグビ飲めたんです。
これが夏の日の贅沢。

ところが。
どうしたことでしょう、なぜか最近はまったく見ることがなくなったのですね、水飲み場。
これはひょっとするとミネラルウォーター会社が何らかの圧力を企てているのか、それとも水道水を飲めない国会議員がナントカ還元水を普及させるために陰謀を企んでいるのかもしれません。

しかし、そうした圧力だか陰謀にも負けず、地下鉄の駅に水飲み場があるのを発見したのでした。
うわぁお、こいつは懐かしいぜ。
地下鉄の駅にあった水飲み場はウォータークーラーなのでした
しか嬉し懐かしハイカラなウォータークーラーマシーンなんですよ。

あまりの懐かしさに涙を流して喜ぶぼくの姿が、ここにあります。
そう言えば!
この水飲み場の絵も、涙をおいおい流して泣いている男の姿に見えますね!
地下鉄駅構内の水飲み場で、涙を流して泣いている男
これはまさに今のぼくの姿にピッタリ当てはまるのですよ!
あまりに泣いてしまうあまり、台にすがりついていないと立てないほどなんです。

……ということは、この涙の色をちょっと変えてみると
鼻血をボトボトと垂らしている男の図
ウワーッ!
酔っぱらってケンカでもしたのでしょうか。ものすごい勢いで鼻血を吹き出す男の姿に変わってしまったのです。
見事なまでのやられっぷりに、これまた台にすがりついていないと立てないほどなんです。
救急車を呼んだ方がいいんじゃないでしょうか。

……ということはですよ。
この鼻血の色をちょっと変えてみると
噴水のようにゲロを吹き出している酔っぱらいの図
ウワーッ! ウワーッ! ウワーッ!
ものすごい勢いでゲロを吹き出す酔っぱらいの姿に変わってしまったのです!
これでは水飲み場というより、ゲロ吐き場みたいになってしまいました。
そりゃ廃止もされていくよなあ……水飲み場も。
(何という結論だ)