五木寛之サイン本商法は諦めたようです

以前にも紹介した五木寛之のサイン本商法
全3巻で再刊された『風の王国』が、なぜか1巻だけサイン入りなのですが、「このサイン本が欲しければ3冊ともお買い求めください」。
サイン本は1巻だけ。でもそれが欲しけりゃ3冊買えという……
ご丁寧にも、3冊セットでシュリンクまで掛けられてあります。

こうなってくると完全にもう抱き合わせ商法ですね。読者は本屋さんに足元をジロジロ見られていたのでした。
しかし、そこはさすがにハードカバーの3冊セット。マクドナルド(関西風に言うと“マクド”)のバリューセットとは訳が違います。
そんな3冊セットにした価格帯で無理があったのか、それともジロジロ足元を見られた愛読者が怒りのボイコットをしたのか、あるいは五木ひろしと間違えたのか(←間違えません)、とにかくその3冊セットの 抱き合わせ商法 バリューセットはいつまででも売れ残っていたのでした。

「全巻サイン入り」というのであればまだしも、こんな抱き合わせ商法……あー、いやいや、バリューセットでは、さすがに本屋さんの当てが外れたようです。
というか、五木寛之の愛読者は分別のあるオトナの層に当たると思うので、きっとそんな抱き合わせ……、いやいや、バリューセットのような手には乗らないのでしょう。
(はーい、これがもし若竹七海さん♪だったら、まんまとその手に乗っていそうなぼくがいまーす)

そこでその本屋さん、ここにきてようやく意を決したようなのでした。
3冊セットの抱き合……、いやいや、バリューセットを取りやめたのです!
ブラボー、ブラボー、そいつはすげーぜ、思い切ったぜ!
あたりを見回しても、以前のような「3冊セットでお買い求めください」のPOPはありません。
しかも、なんと!
1冊だけですが、“サイン本”のシンボルであるシュリンクをはがしちゃったのですよ。
セットのシュリンクが外され、さらに中が自由に見られるようになりました

あるいは、ひょっとして本屋さんってば、五木寛之センセイのサイン本入りの抱き……、いやいや、バリューセットがまったく売れなかった理由が、「本当に五木寛之のサインなの? 五木ひろしじゃないの? 猫ひろしだったら承知しないわよ!」と思われたからと考えたのでしょうか(←そんなことありません)。

コメント

五木寛之は石川県を第二の故郷としていて
奥さんは岡元市長の娘さんです。
で前に講演会があった時行ったら、ただでサイン入りの本を配っていました。
泉鏡花賞の受賞後パーティにも一度行ってみたら
そこでも無料でサイン入り本を配っていました。
まあ、金は金沢市とかが出しているんでしょうが、
金沢では貢献している人です…。

だからって抱き合わせ、いえ、バリューセットを肯定するわけではないのですが。

紛らわしい書き方をしていて申し訳ありません。
これは五木寛之じゃなくて、こんな読者の足元を見た商売をしている本屋さん(あるいは出版社)のことを書いたつもりだったんです。
そもそもタイトルが悪かったですね……。

これまでこの本屋さんは、「上巻だけ」しかサインされていない本でも普通に販売していたのに、この『風の王国』だけセット販売しているのですね。
ということは、ひょっとしたら出版社の指示なのかもしれません。
(セットでの買い取り制で、バラ売りは一切不可とか)

いずれにしろ、作者自身が「セット販売にしろ」なんて本屋さんに指示を出すとは思えないので、決して五木寛之が……というつもりはなかったことだけでもご理解いただけると幸いです。

あ、別に五木寛之を馬鹿にしやがって、このやろー、
とか言っているわけではなく、タダでサイン本もらえて
うれしかったと自慢したかっただけです(笑)。

「五木寛之ブックマガジン」というのがあったんですけど、
これは昔書いたものを集めて雑誌みたいの作ったやつでした。
他にも以前書いたものを別タイトルで新たに出したのがありました。
「風の王国」にしても以前出したものを分冊で出したやつですね。
ちょっとあこぎな商売だと思うことがあります。
あ、五木寛之がではなく、出版社がでしょうが。

ちなみに金沢文芸館というのが金沢にありますが、
そこの2階は「五木寛之文庫」というのがあって
五木寛之の本が集められています。
「客寄せパンダとして協力した」と五木さんがどこかで書いていましたが、
それでもすごい宣伝なわけで。
あ、別に五木寛之があこぎだとかきらいだとか言いたいわけではないです。

連続ですみません。
上のコメントってなんか読み方によっては
なかはしさんに喧嘩売っているみたいですが、
そういう意図は全くなくて、
単に本心はあこぎだなあ、と思っているだけです。

こんばんは。
いつもすごい時間に書き込みされているので、ほぼ1日遅れのレスですみません。
しかし文字だけでのコミュニケーションは本当に難しいですよね。

すごく変な言い方かもしれませんが、作家は出版社からの「業務受託者」であり、やはり強いのは出版社ではないかと思っているのです。
本屋さんにしても売る本の入荷は出版社(とか取次会社)の意向次第ですし。
なので、今回のセット販売も本屋さんの意向ではなく、出版社側がハリー・ポッター商法を真似たのかもしれないなーという気がしてきました。
(まったくの憶測なんで外れていたら「ごめんなさい」ですが)

ただし、再販そのものについてはまったく異論はないんです。
逆に出版社との契約が切れてそのまま絶版……という形をとるのであれば、別の会社が出すという形をとるのはいいことだと思います。
例えば、ハヤカワ文庫とか創元推理文庫で手に入れるのが難しい本って多すぎますよね。
だったら版元が変わっても、読むことができる本って恒久的にある方がいいと思うのです。

まあなんやかんやとエラソウに言ってますが、結局はぼくの主観だけの問題なんですが(笑)。