久しぶりにお蕎麦屋さんでまったり

一時期は毎週のように通っていた、ウチの近所にある手打ち蕎麦屋さんですが、ここ最近は大晦日以外、まったくご無沙汰してしまっていたのでした。
ところが、会社からの帰り道、突然に

蕎麦が食べたい!

お蕎麦のお口になってしまいました。
幸いにして、今日は会社を定時にあがって早帰りデイです。
時間もたっぷりあります。
そんな訳で、大晦日という特別行事を除いてはいったい何日ぶりなんでしょう。
お蕎麦屋さんにやってきたのですよ。
いつもの近所のお蕎麦屋さん
そうそう、このお店が好きな理由なのは、まずはこのお庭にあるのですね。
今日も灯籠がほっこり灯って「いらっしゃい」と誘ってきます。
玄関の戸をガラガラと開けて、居間を改装した店内は……おお、見事に誰もいません。
今日もまた貸しきり状態なのです。
貸しきり状態のお店
こりゃもう“まったり”と過ごすしかありませんね!
とりあえずもりを頼んでツルツルッと行くつもりでしたが、うーん、今日はとても寒いじゃないですか。
お蕎麦のお口が「暖かいお蕎麦がいい!」とダダをこねています。
路線変更です。お口のリクエストどおり、暖かいお蕎麦を頼んだのでした。
「ええっ? せっかくの手打ち蕎麦屋なのに、温かい蕎麦? そいつは邪道ってもんだぜ!」と怒られそうですが、いえいえ。
ここのお蕎麦屋さんは、ちゃんともりなどの「冷たいお蕎麦」とは別に、「暖かいお蕎麦用」として打っているので、これまた風味豊かでメチャクチャおいしいのですよ。
色々とお蕎麦屋さんで温かいお蕎麦を食べてきましたが、「メチャクチャおいしい!」と感激したのは、この店が初めてのことだったほどなんです。
さらに、このお店の名物は「ごぼうの天ぷら」。
そんな訳で、頼んだのは「ごぼ天蕎麦」。
シャキシャキのごぼうの天ぷらにダシつゆが程よくからまって、これまた激ウマ
お蕎麦ももちろん美味しいのですが、この天ぷらもまたメチャクチャおいしいのです。
シャキシャキのごぼうに、ダシつゆが程よくしみこんだ衣がしんなりしていて、この異なる歯ごたえのハーモニーが絶妙。
最後のおつゆの一滴まで、おいし頂いたのでした。
ごちそうさまでした。

ちなみに、今日は花の金曜日、週末の夜だというのに、お店は最後まで貸しきり状態なのでした。
そんなまったりできるところが好きなこのお店なんですが、それはそれで営業が成り立っているのか、心配な面もあり……うーん。