残りわずかな大倉崇裕と有川浩のサイン本

紀伊國屋書店の新宿南店。
ノベルスコーナーには、大倉崇裕の新作『警官倶楽部』が平台に積み上げられています。
そのうちの10冊ほどでしょうか、サイン本もあったのでした。
ところがどうしたことでしょう。「あと1冊で完売!」......というところまで来て、ぱたり、と売れ行きが止まってしまったのでしょうか。
こんなことになっていました。
大きく書かれた
サイン本でこんなデカデカとPOPが踊っているのは見たことがありません。
ひょっとしたら、仕入れ担当者が「なんとしてでもあと1冊売らないことには、大倉先生に申し訳がたちません!」と、自腹で紙とマジックを買ってきて(幸いにして、隣は東急ハンズ)、POPをつくったのでしょうか。
自腹でつくったPOPだけに、売れ残ったら切腹までしかねないほどの気迫が伝わってくるようです。

そんな訳で大倉崇裕ファンの方は、ぜひ新宿に行かれたらぜひ紀伊國屋書店の新宿南店に立ち寄って、最後の1冊になってしまったサイン本をゲットしましょう。
きっとレジの裏で仕入れ担当者の方が密かにガッツポーズをしているか、同僚の方にすがり付いて嬉し泣きをしているに違いありません(←勝手に感動的なシーンを想像してウルウルきてしまったぜ!)

サイン本といえば有川浩。
「図書館戦争シリーズ」の2作目、『図書館内乱』もまだ読んでないのに、もう3作目ですよ。
そのあまりの刊行ペースに「早っ!」と驚かされる最新刊『図書館危機』も、サイン本が残り1冊となっていました。
有川浩の早すぎる「図書館戦争シリーズ」3作目『図書館危機』
こちらは"ラスト1冊"とデカデカ書かれたPOPがありません。
というか、サイン本効果なのか、山積みの谷のなかに埋もれてしまっているし。
下手したら見失ってしまうかもしれません。