有川浩と柴田よしきに続いて、桜庭一樹でもやっちゃった……

以前にブログで紹介した本屋さん
去年の10月頃のことでしたので、もう十分に売れていたはずだと思うのですが、なぜか「男性作家」のコーナーに有川浩が置かれてあり、また、その当時出たばかりの柴田よしきの新刊までもが堂々と置かれていたのでした。

しかし、ひょっとすると有川浩はたった1冊だけなので「たまたま置き場所を間違えただけ」なのかもしれません。
柴田よしきだって、平台の置き場所としては男性作家コーナーからちょっと離れた場所になります。
なので、あるいは仕方がなくこのあたりに積み上げただけなのかもしれません。
確かに苦しい解釈ではありますが。

そして久しぶりにこの本屋さんを覗いてみたのでした。
すると、もう既に売れてしまったのか、それとも男性作家と間違えたことを恥ずかしく思い、“なかったことにしてしまおう”という魂胆からか、有川浩の本も柴田よしきの本もありませんでした。
残念です、とても残念です。

しかしですよ、しかし!
今回も再び、男性作家コーナーあたりの本棚をフラフラ徘徊しながら眺めていると……うおおおぅぅぅっっっ!
男性作家コーナーのド真ん前
男性作家コーナーのド真ん前、絶好の平台位置に積み上げられた本たち。
周りにあるのは平野啓一郎や阿部和重、森見登美彦にさだまさし(←歌手やんか)と、明らかに売れ筋の「男性」ばかりなのです。
そのなかにポツンと平積みされているこのこの赤い表紙の本は……!
よくよく見てみると……!

男性作家のコーナーに堂々と置かれている桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』
桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』

……やっぱり。
桜庭一樹もみごとに男性作家として平台に飾られていたのでした。

これ、本屋としてはやっちゃいけないことを堂々とやってしまっているあたり、ひょっとして誰かがワザとやっているのかもしれません。
しかし、いったいなぜなんでしょうか。

  • いたずら好きの妖精さんの仕業
  • いたずら好きの小人さんの仕業
  • いたずら好きの大人さんの仕業

最後のは明らかにアカンでしょ。

コメント

ちなみに柴田さんのそれは新刊ですらありません。たぶんもう半年ぐらい経ってます……。

どしー!
書き方が悪かったですね……すみません。
「柴田よしきの新刊云々……」というのは、その前のリンクで紹介した過去のブログ記事を要約したつもりの一文なのでした。

確かに判りにくい……。
そんな訳でちょっとくどくなってしまったかもしれませんが、書き換えてみました。
うーん、ますます意味不明になっている恐れがありますが、まあそこはそれ、「やっぱり判りづらいよなあ、コイツは」と笑い流してやってくださいまし。

 私も早合点してしまったようです。失礼いたしました。
 こういうのはそもそも作家を男女に分けることに無理があるんでしょう。柴田さんとか桜庭一樹氏とかは情報を知らなければ男性と勘違いしても仕方ない名前ですし、そもそも覆面作家はどうするんだと。私は色々あって男性だとその正体を知っている書き手の作品は、こーいうところではたいてい女性作家のところに置かれていたりします。

ミステリのコーナーは割と男女の区別がありませんね。
そもそも文庫コーナーだって出版社別か、五十音順ですし。
となると、こうした「男性作家」「女性作家」と分けているのは、ブンガク系の特徴なのでしょうか。

しかし深川さんの言われる「女性作家と間違われる男性の覆面作家」が気になって仕方がありません。
鷹見緋沙子とか、田島莉茉子……?(って、どうしてそんな古い人ばかり)
あとは津原やすみか、北村薫か……って、全然覆面作家じゃないし。
乾くるみ?

あ、「男女別の棚に置かれる」ということを考えると、ミステリ系であるとは限らないわけですね。
でもブンガク系はもとより、SF系とかライトノベル系になってしまうと、ますますもって全然判りませんです、はい。

ちなみに覆面作家は性別も不明という人が多いのに、なぜか覆面レスラーで性別不明という人はいませんね。(←全然関係ないし、意味ありません)