辻村深月のサイン本と北山猛邦のオマケ小冊子

辻村深月の新刊『スロウハイツの神様』がサイン入りで売られるという情報を訊いたのが先月下旬の頃。
それからようやく聖蹟桜ヶ丘のときわ書房まで本を買いにくることができましたよ。
しかしながら焦る必要はなかったようで、特設の平台(辻村深月コーナー)にもまだ何冊もありました。
辻村深月の新刊『スロウハイツの神様』特設平台コーナーには、まだサイン本が上下巻ともに揃っていました
レジで「サイン本ですからお確かめください」と開いて見せてくれましたが、......あれ?
相変わらず「月」の字が、"みよ~ん"と長い特徴的なサインだったのですが、残念なことに今回は日付までは入っていませんでした。
これってひょっとして、売れ残り対策なのでしょうか。
辻村深月のサイン入り『スロウハイツの神様』

辻村深月コーナーの隣では、北山猛邦の新刊『少年検閲官』のコーナーができていました。
そして今回は、また、ときわ書房がやってくれました。
北山猛邦『少年検閲官』の応援ペーパーを作成しているのです。
ときわ書房聖蹟桜ヶ丘店といえば、過去にも「米澤穂信」「道尾秀介」「森見登美彦」といった作家の応援ペーパーを発行してきたのですが、これらは無料配布だったのですね。
広告効果として「どうぞ御自由にお持ちください」というスタンスだったのでしょう。
ところが本には興味もないのに持っていく客が多発したためか(←勝手な妄想)、今回は"お買い上げ特典"となってしまいました。
そんな訳で本に挟み込まれてしまっているようなのです。
こんな包装されていたら、買わざるをえないではないですか。

そんな訳で思わず買ってしまい、まずは小冊子をパラパラとめくっていたのですが、単なる宣伝文句だけではなく、書き下ろしのショートストーリーもついていて、なかなかおトク感があるのですよ。
しかも編集後記には「限定150部」の文字が......。
もう「限定」という文字に弱いぼくとしては大喜びで浮かれポンチ野郎なんですよ。
しかし、その割にはシリアル番号を記入するようになっている箇所が空欄なのが気になるところです。
150部以上刷る気マンマンなのか、それともたまたまぼくのヤツにはシリアルナンバーを入れそこねた不良品だったのか......。
限定150部の前のスペースが気になって仕方ありません