丸の内線のくねる点字ロード

今日は朝からお出かけです。
丸の内線に東京駅から乗ろうとしたら、東京駅の周辺は新丸ビルの建て替え工事の影響からなのか、工事の真っ最中なんです。
壁の中や天井の中が丸見えです。
普段は隠れて見えないダクト配管が丸見えです。
ジロジロ見ていると、「いやーん、恥ずかしいー。そんなに見ないでー」とは言えない工事現場に代わって、ガードマンのおじさんが「危険ですので立ち止まらずにお通りください」。
そんなことを言われてしまって、こちらこそ「いやーん、恥ずかしい。そんなこと言わないでー」。

そんな丸の内線東京駅の嬉し恥ずかし工事現場では、点字ロードがのたうち回っていました。
確かに人生は曲がりくねった道だけど、だからといってそんな点字ロードまで曲がりくねらさなくても……。
点字ロードがのたうち回ってる

しかし、通路そのものは別に曲がりくねってないし、点字ロードと平行して敷き詰められた緑色のシートもまっすぐなのに、なぜに、点字ロードだけがこんなに曲がりくねっているの、謎なんです。