関西スタイルのお雑煮はお豆腐ナシよ

と言うわけで、改めて、明けましておめでとうございます。

実家に戻っている相方が「チッ……、かわいそうだから(←棒読み)これでも食いやがれ」と、お母さんが作ってくれたというおせち料理を持って、やってきてくれました。
ありがとうございます、ありがとうございます。これで3が日のご飯の心配をしなくても済みます。
しかも、お正月と言えばやっぱりお雑煮ですね!
そんな訳で、相方はお雑煮を関西風味の白みそ仕立てでつくってくれました。
しかしここは関東、ちょっとぼくが気を緩めていると、餅を焼いて入れようとしたり、そもそも餅は切り出しの角餅だし(というか、丸餅が売ってません……)。
どうもパーフェクト達成は難しいようです。
しかも、具が何か足りません。
数えながら考えてみました。


  • (焼かれる寸前に助け出したもの。でも角餅なのが残念)
  • 大根
  • ニンジン
  • サトイモ
  • かしわ
    (いわゆるひとつの鶏肉(関西弁?))

あと、もう一品なにかあったよな……と考えていると、「コンニャクでしょ。買って来たよ」。
いや、あの、コンニャクなんて入れると、粕汁になってしまいますから。
ウーンとウーンと……考えているうちにできあがってしまいました。
一品足りないお雑煮
できあがってしまったものは仕方ありません。
釈然としない気持ちのまま食べていると、味の記憶で突然に思い出したのでした。

焼き豆腐だ!

まあ、焼き豆腐ぐらいだったら入っていなくても別に大丈夫なのですが、なければないでちょっと悔しいような、そんな正月のひとコマでした。

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
雑煮ってところによって違うのですね。
ちなみにうちのほう(三重北部)は、鰹だしのおすまし仕立てで、具は餅菜とか小松菜とか菜っ葉だけ。菜っ葉がないと白菜入れたり・・・・
関西は沢山具を入れるのですね。
でも残りの味噌汁にお餅入れて煮たりもします。味噌は名古屋に近いせいか、赤味噌が多いですが、うちは自家製味噌なので、赤味噌
と白味噌の中間みたいな感じになってます。
明朝は、今晩のすき焼きの残りにお餅入れたのだと思います。
まあ、でも好みが優先されるわけで
それぞれの家庭によって違うかもしれません。
味噌仕立て派かおすまし仕立て派か
どちらが好きな人が多いのでしょうかね。

関西だけでしょうか。
それともウチの家だけでしょうか。
お雑煮の白みそ風味は元旦だけで、あとはおすましばっかりなんです。
子供の頃から白みそ風味が好きだったので、オカンに無理を言っては、ぼくだけ別メニューで白みそのお雑煮をずっと食べていましたが。
(歴史的ルールを台なし)

あと、以前に日記だったか、掲示板だったか、どこかで書いたかもしれませんが、奈良地方では、お雑煮に入っているお餅をわざわざきな粉につけて食べるそうです。
ところ変われば風習も変わるものですね。

あけましておめでとうございます。
今年も楽しい話題を楽しみにしているのですが、唯一相方様とのことが心配です。はじめはなにか事情があるのかと思ったんですが……すみません、もうなにも聞きません。
今年もなかはし一家が幸せでありますように。
今年もよろしくお願い致します。

いえいえ、初めも今も事情は大ありですよ(笑) ← ……笑ってるよ。
とても大変なことが起こってしまっています。
さてこれからいったいどうなってしまうのでしょう。
しかし自分の生活をネット上で書いたりすることは、ネット資源の無駄に他なりません!
そんなエコの時代に逆行することはできません!
ということで、環境に優しいブログを今年もよろしくお願いします。
もう訳が判らなくなってきています。
しかもぼくがらかんさんに「今年も云々」って言うのは2回目だし。

↑エコ型ブログを目指すのなら、自分のコメントを短くしていかなければ……。