ページ/7ページ |次のページ最終ページ

あまり意味のない販売数限定

買い物しようとスーパーへ出かけたら、マルちゃんの大特売ですよ。
マルちゃん主力商品がズラリと並んで大特売
安いじゃないですか。
「安い」と思ってしまうと脊髄反射的に買い物カゴにポイポイと放り込んでいってしまうぼく、完全にスーパーの術中にはまってしまっています。
が、よくよく見ると……あれ?。
「お1人様よりどり2個まで」なんて書かれてあるではないですか。
「よりどり2個」って、全然“よりどり”ちゃうやん。

そんな訳でプンスカピー。
まあ特売とあれば、入荷数にも限度があるので品数を限定するのが当たり前っちゃあ当たり前です。
なので厳選しましたよ。
「やはりここはスタンダードに赤いきつねかな、いやたぬきも捨てがたいぞ、うーん、豚汁も気になるし、やっぱり焼きそばは好きだし……」

マルちゃん主力の商品群を前にして、いかにして2個に絞り込むか、唸っていたときのことです。
なんと、オバチャンがポイポイ、ポイポイと全部の商品を2個ずつ買い物カゴに入れていくではないですか。
「おいおい、厚かましいのが出てきたよ、たかがマルちゃんのインスタントごときに」……などと、思っていると、また次のお母さんも買い物カゴに全種類をポイ、ポイ。
おかしいのです、何かがおかしい。
世の中のマナー云々というよりも、「人間」としてのが何かがトチ狂ってきているのでしょうか。
まったく正直者がバカを見て、厚かましい人が得をする、そんなイヤな時代になったものです。

「あー、やだやだ。これだから大人にはなりたくないんだよねー」など思い、“お前はピーターパン症候群(シンドローム)なのかっ!”と自分でツッコミながら、引き続き2点の商品を厳選しようとした、そのときでした。

そりゃ12個も買えればよりどりでしょう
ああっ……!

なんと、「お1人様よりどり2個まで」ではなく、「お1人様よりどり12個まで」だったのですよ。
そりゃ1人で12個も買えるのだったら、確かに“よりどり”選びたい放題でしょうよ。
が、1人で12個も買わせるって言ったら、もうほとんどフリーランス状態じゃないですか。
そもそも、インスタント食品(しかもかさばるカップ系)を12個も買う人はまず、いないでしょう。
とすると「お1人様」で販売できる数を限定している意味がよく判らないのです。
子供2人連れて、家族4人連れできたファミリーの場合だったら、48個も買えちゃう計算になるのですよ。
食べ切れませんって。
もういっそのこと「お1人様いくつでも!」と潔く外してしまってもよかったような気もするのですが……。

トリオ・ザ・民主党のコマーシャル

何気なくテレビをボーッと観ていると、民主党のコマーシャルなんて放映されていたのですよ。
それでなくても安倍内閣の支持率がジリ貧になってきている昨今、ニュースでも政治ネタの後には必ず「夏の参院選に向けて」とか、「夏の参院選の勝敗次第では」なんて言っているものですから、きっと民主党もヤル気マンマンなのでしょう。
そんなヤル気マンマンな民主党を広告マンたちが見逃すはずもなく、彼らは民主党のおエライ方々にコチョコチョッとくすぐったい言葉を耳元で囁きその気にさせて、つくってしまったCMなのかもしれません。

小沢、菅、鳩山のお馴染み「トリオ・ザ・民主党」で船出を誓う
小沢代表を中心に、菅さんに鳩山さんとお馴染みの「トリオ・ザ・民主党」トリオが帆船らしき甲板で、なにやら決意を秘めています。
中心にいる小沢さんのお腹がなぜか白く光っているのは、守護霊でも写りこんだのでしょうか。

出航して間もなく、突然の大嵐に襲われてしまいました
しかし何ということでしょう、帆船・民主党丸は出航して間もなく大嵐に見舞われてしまったのです。
小船のように風雨と波浪に翻弄される民主党丸。

「トリオ・ザ・民主党」の結束は固かったのでした
しかし、そんな嵐も固い結束力を誇る「トリオ・ザ・民主党」にとってはどこ吹く風。
「小沢さん、行きましょう」
「よし、菅くん、鳩山くん、頼んだよ」
「はっ!」

大嵐なのに、メチャクチャ楽しそうな小沢さん
ところが、生きるか死ぬかの瀬戸際の大嵐だというのに、小沢さんはどこか他人事なのです。
ヘラヘラと笑いすら浮かべながら、舵を握っています。
耳を澄ませば、鼻歌まで聞こえてきそうです。

ついには雄叫びまであげて……ご乱心?
「わははははっ! オレは小沢だ、民主党代表だ! 怖いものなどない! 嵐ドンドンやって来い! わははははっ!」
小沢代表、ご乱心なのでしょうか。

コイツ……、まじめにやれよ!と心のなかで怒る菅さん
「コイツ……、まじめにやれよ!」とでも言いたげに、とても不服そうな表情の菅さん。
きっと生きるか死ぬかの瀬戸際なのに、小沢代表が遊び半分でヘラヘラしてふざけているのに腹が立って仕方ないのでしょう。

くそ、これでアイツを縛り上げたいぜ!と心のなかで怒る鳩山さん
いつも表情が乏しく、淡々と何を考えているのかよく判らない鳩山さんでさえも、その険しい表情と綱を握る手の力の入れ具合から、ふざけている小沢代表にかなり怒っている様子です。
ひょっとしたら、この綱の先に小沢代表を括りつけているところをイメージトレーニングしているのかもしれません。

そんな、お馴染みのトリオの結束がもろくも崩れようとしていた、そのときのことでした!

「あっ!」
「あっ!」
「ああっ!」
「ああっ!」

なんと、調子に乗ってメチャクチャに舵を切り回して遊んでいた小沢さんが……
雷に打たれてしまった小沢さん
「うわぁぁぁー!」
雷に打たれてしまったのです!
なぜ雷が高いマストに落ちず、甲板上にいた小沢さんを直撃したのかは謎です。

波に飲み込まれあっという間に姿が見えなくなってしまった小沢さんなのでした。<br />
こうして哀れ、小沢さんはふざけていた罰が当たったのか、嵐の海のなかに放り出され、そのまま藻屑へと消えていったのでした。

あの大嵐は、小沢代表を引き摺り下ろすだけためのものだったのでしょうか
そしてあれほどまでの大嵐がウソのように、空は突然晴れ渡り、見事な青空が顔を覗かせたのでした。

民主党
民主党。

さて、こんな前途多難な民主党の行く末はどうなんでしょうか。
果たして小沢一郎は海の藻屑と消えてしまったのでしょうか。
……と思ったら……

舵にへばりついて海から這い上がってきた小沢一郎
さすがは小沢一郎、民主党代表。
大嵐になるわ、雷に直撃されるわ、大シケの荒波に放り出されるわ、と散々な目にあいながらも、舵にへばりつき、まるでテレビから抜け出てくる貞子のように、海の底から浮かび上がってきたようなのです。
お腹の辺りに光っていた守護霊が彼を助けたのでしょうか。
そして最後に、民主党はとあるミステリ系の作家を大プッシュして、このCMを終わらせるのです。
西尾維新が大好きな「トリオ・ザ・民主党」

何じゃこりゃ。

街中にも時計はありますが、いつもそれが正確とは限りません

学生時代、腕時計をしない友人がいました。
今でこそ腕時計なんてしていなくても、ケータイさえ持っていればいつでも正確な時間が判るのですが、いえいえ。
オッチャンが学生のときなんて、ケータイなんてまだまだ一般的ではなかった時代なんですよ。
なにせオッチャンが学生の頃と言えば、アイビールックが全盛期で、街にはハマトラ、カジトラが溢れていて、ケンとメリーのスカイラインが憧れで、みゆき族にアンノン族、竹の子族が聖子ちゃんカットでディスカバー・ジャパン、止めてくれるなおっかさん……、そんな時代だったのですよ。(←もう時代感覚メチャクチャ)

腕時計していないと不自由と違うの?と聞くと、「時計なんてあちこちにあるやん」。
なるほど、学校内はもちろん、駅のホームにだって時計がたくさん設置されています。
ちょっと街を歩いてみても、意外と屋外に時計って設置されているんですねー。
そんな訳で、その友人は時計をしていなくても時間は判るから、特に困ったことはないそうなんです。
うーん、なるほどねえ……と感心してから早幾年か。

そんな訳で時計といえば、時計屋さんですね。
とある腕時計屋さんの前を通り掛かると、「デカッ!」
道行く人に「これでもかっ!」とばかりに現在時間をアピールする巨大時計……ってあれ?
店全体が腕時計に巻かれていますよ。
こんな腕時計、いったい誰がすんねん、ジャンボマックスか!……と、思わずツッコミを入れたくなるような巨大な腕時計が店先に設置されていたのですよ。
その大きさは、遠くからでもよーく時刻が見えるほどのものです。
うーん、さすがは腕時計屋さん。
道行く人に「どうだ、このデカさはっ!」とばかりに巨大な腕時計を見せて、店の存在を強烈にアピールすると同時に、さりげなく現在時刻もアピールするというやさしさも持ち合わせているのですね。
これぞサービス精神、商売人はこうでなくっちゃ。

……が、しかし。
よくよくこの巨大腕時計を見てみると、針の位置はどうも10時10分過ぎのようにしか見えません。
ちなみにこの写真を撮ったときの時間を見てみましょう。
証拠を押さえるため、かなり恥ずかしい格好で写真を撮ってしまいました
ほら、この通り腕時計を一緒に写真に撮りこんでやりましたとも。
なんともう午後3時前なんですよ。
うははははは。どうですか、奥さん。動かぬ証拠ってヤツですな。
午後3時前なのに、まだ午前中だと錯覚をおこさせて、いったい何を企んでいるというのでしょうか。
しかもカレンダー部も「8日」という日が示されたままです。
どうやら、この巨大腕時計は道行く人を「あ、まだ午前中だったんだ」と勘違いさせるだけではなく、「あ、まだお正月明けだったんだ」と気分をすっかり正月ボケの松の内気分にさせようと企んでいるのかもしれません。

しかもよくよく考えると、店全体の“ぐるり”をまわっているバンドに対して、腕時計の文字盤の向きがおかしいのです。
もし、バンドに対して文字盤がこんな方向を向いている腕時計があったら、使いづらくて仕方ないに違いありません。
ということは、なお一層のこと、この巨大腕時計は「普通の腕時計ではない」、何か特殊な意味合いを持っているということに疑念を抱かざるを得なくなってくるのです。

くそー、腕時計ごときにそんな手に乗ってたまるか、とオッチャンが一人、店の前で正義感の炎にボーボーと熱く燃え盛っておりました。
そのために「本当の時刻を示した腕時計と一緒」の写真まで撮ったのです!
……が、しかし。
よくよく考えると、この写真を撮っている格好は客観的に見て、かなりカッコ悪いことったらありゃしない。
人通りの多い通りの真ん中で、腕時計をカメラの前に持ってきておきながら、巨大腕時計もカメラのレンズ内に収めようと、ガニ股で中途半端な中腰の体勢になって、ベストポジション求めて右往左往……。
今思い起こせば、は、は、は、恥ずかしい!

いったいぼくはいったい何をしていたのでしょう。
たったこれだけの写真のために、いったいいくつの「プライド」「人間性」という犠牲を払ったというのでしょうか。
誰か教えてください。

そろそろ観に行くのは潮時なのかな、新宿で女子プロレス

今日は真っ昼間から、新宿は歌舞伎町のド真ん中にある新宿FACEへ女子プロレスを観に行ってきたのでした。
尾崎魔弓率いるOZアカデミーが、月イチで開催をしている大会なんですが......うーん。
さすがにメンバー5名(うち1名はケガで欠場中)で月イチという回数をこなしていくには、どうしてもマンネリ感が出てきてしまいます。
しかも、OZアカデミーの試合は毎回CS放送の「GAORA」で、ちゃんと放映してくれているので、そろそろ、わざわざお金を出してまで直接観に行くのは、ここらが潮時なのでしょうか。
......などと殊勝なことを考えていると、おおう、おおう、おおう!
今日の対戦カードにはなんと、ぼくの大好きな井上貴子の名前が入っているではありませんか。
長らくフリーで活動してきた彼女ですが、いつの間にか神取・"国会議員"・忍のLLPWという、ぼくの趣味にはどうしてもあわない団体に所属してしまったため、まったく彼女の顔を見る機会がなかったのですね。
そんな訳で、思いもかけずOZアカデミーで井上貴子の顔を久しぶりに見ることができて、幸せな気分を堪能した今日という一日なのでした。

写真も、なぜか井上貴子特集になってしまっています。
しかも、クリックすると大きな画面となってよりゆっくりと堪能できるようになっています。
(ぼく専用の仕様なので、皆さんは悪用してはいけません ← どんな悪用だ)
井上貴子、井上貴子、井上貴子、井上貴子......井上貴子ばかりの写真(ぼく専用仕様)
【大きな画像で見る】

ひょっとこ乱舞「銀髪」(吉祥寺行その2)

夜は、TRICK+TRAPのある商店街から駅前を戻り、さらに過ぎ行き、怪しげなネオンが点る一角のさらに向こうにある吉祥寺シアターまでやってきました。
今回が初めての鑑賞となる、ひょっとこ乱舞の新作『銀髪』を観るためです。
ひょっとこ乱舞『銀髪』

このひょっとこ乱舞、そのインパクトのある劇団名から名前だけは知っていたのですが、逆にインパクトがありすぎて、なかなか「行ってみよう!」という気になれなかったのですね。
だって、「ひょっとこ乱舞」ですよ、「ひょっとこ乱舞」。
ひょっとこの面をつけ、手ぬぐいを巻き、ハッピ姿の男衆が、舞台いっぱいに数十人出てきて、ただ「エライヤッチャ、エライヤッチャ」と踊っているだけのような、そんな恐ろしいイメージがあったのです。

ところがこのひょっとこ乱舞、去年の暮れからぼくも参加しているポタライブのワークショップで、ずっとご一緒だった方が所属している劇団だったのです。
ワークショップを通じてもうすっかりその方のファンとなってしまったぼくとしては、ぜひぜひ観に行かせて頂きます!などと勝手なことをほざき散らし、有言実行、ノコノコと吉祥寺にやって来たのでした。

ストーリーは、やはり「ひょっとこ面をつけた男衆が、延々踊り続けている」......訳がありません。すみません。
何と言うか、もう現代社会における壮大な一大叙事詩的なものなんですね。
潰れたラーメン屋のバイトたちが集まり、「こんなことしてみようぜ」と始めた仕事が一気に軌道にのり、やがては世界をも巻き込む巨大ビジネスになるという物語。
しかしそういった社会の頂点に立ったあたりから、徐々に歯車が狂い始めて崩壊に向かっていく......という、まあありがちといえばありがちなストーリーなのです。
が、しかし、演じる役者のテンションが半端じゃないのです。
高いのです、高い。それも異様に高い。
冒頭からトップギアに叩き込んだまま、ラストまで一気にそのハイテンションを保ったままなんです。

物語の構成も、こうした壮大なストーリーだとどうしても途中で破綻してしたり、中途半端なままで終わってしまったりということがあるのですが、いえいえ。
これまた作者のテンションも、常にトップギア、レッドゾーン突入のMAX全開のままでラストまで駆け抜けたのでしょう。
最初から最後まで物語も破綻することなく、それどころか、様々なサイドストーリーすら盛り込んで、それをメインの物語内でちゃんと回収していってるのですよ。
恐るべき作家です。
またその作家のテンションにちゃんと応える役者たちもおそるべし。

これだけ壮大なストーリーとしたためか、上演時間が3時間近くあります。
また、近頃の舞台にしては珍しく休憩時間も挟みます。
これは役者のテンションを持続させるためなのかもしれませんが、ひょっとしたらその役者のテンションが伝染した観客のためなのかもしれません。
それだけ"濃い"内容の3時間なのでした。
それでいて入場料は2500円ですから、安っ!
さらにアンケートを会場で提出すると100円がキャッシュバックされるということで、実質2400円なのです。さらに安っ!
驚異的なコストパフォーマンスと言ってもいいでしょう。
もう見終わったら、充実したストーリーに、おトク感に、その他もうありとあらゆる何だか判らないものでお腹が一杯になってしまうのでした。

ただ、上演時間が3時間近く掛かっても、メインストーリーの展開には急ぎ過ぎな点があったところが否めません。
いかんせん、サイドストーリーを盛り込み過ぎたからなのか、佳境に入ってからの展開が唐突なように思えるのですね。
冒頭では少々狂い気味だった人物が、ビジネスが巨大化していくに連れてまともになっていき、逆に当初はまともだった人物がビジネスの巨大化とともに徐々に狂いだしていくのですね。
しかしその狂いっぷりがかなり突然だったため、どうもそこからの感情移入がちょっと難しくなるのでした。
いくつかのサイドストーリーを削ってでも、もっとじっくり彼が狂いだしていく様を描いていくと、彼の苦悩が浮き彫りになったと思うのです。

他に驚いたのは、ステージ上にはセットが一切存在していなかったこと。
天井から、白いゴム手袋を風船のように膨らませて括りつけたオブジェのようにも見えるものがいくつか吊り下げられいただけ。
ステージ上には、見事なくらい、なーんにもないのです。
しかし舞台が始まると、セットがなかった理由に「なるほどね」と納得できます。
とにかく役者がステージいっぱい使って、走る、動く、踊る。
その動きのひとつひつがまた、テンションの高さに結びついているのでしょう。
これだけのテンションで演じるのでしたら、ステージ上にセットなど必要ありません。
十分に面白く見入ってしまいました。

ただし、その動きが平面上だけに限られていたのが残念と言えば残念なんです。
吉祥寺シアターと言えば、舞台上の巨大な吹き抜け状になっている高い天井があるではないですか。
できれば縦方向、空間を使っても今回のテンションの高さを表現できれば、3Dサウンドならぬ、3Dハイテンションとして、より観客にリアルな臨場感を味わらせることができたのではないかと思うのです。

終了すると、カーテンコールもなくあっけなく客電がついてしまい、「あれ?」。
とりあえず100円目当ててでアンケートを書きこみ(ウソです、いつもちゃんと書いています)、ロビーに下りてきたところで......うっわぁ。
なんと劇団員がロビーに出てきていて、談笑の輪が広がっています。
なんてハートフルウォーミングフレンドリーな光景なんだ。
ロビーからはみ出て、外でも劇団員と談笑の輪は広がっていました
今回、来るきっかけとなった件の役者さんにご挨拶していると、ポタライブで知り合いになった方々ともお会いしたりしたのでした。
そうかー。こうして、いつもロビーでは談笑の輪が広がっているのね。
ただし、あまりの人の多さに恐れをなしてしまったぼくは、ご挨拶をするだけすると、スタコラサッサと逃げ帰ってしまいました。
何と言う小心者なぼくという人間......。

ページ/7ページ |次のページ最終ページ