2006年をキャットファイトで締めくくる

今年も演劇にダンス、サイン会、映画撮影のエキストラ参加など、様々なイベントにお出掛けしていきました。
週によっては土曜・日曜とも昼夜のダブルヘッダーなんて無茶な予定まで入れていたのですが、ここ最近はさすがにそんなタイトなスケジュールはしんどくなってきました。
おかしいですねぇ。
ついこの間までは、土曜・日曜のダブルヘッダーで4公演観に行くスケジュールを入れていても、全然平気だったはずなんですが......。
さすがに寄る年波には抗しきれなくなってきたようです。
来年は、週末のイベント参加のペースを落としていくことにしましょう。

そんな、年末らしい反省を交えつつ、今日が2006年最後のイベント参加です。
新木場1st Ringでキャットファイト観戦。
おお、なんと最後を飾るに相応しいのでしょうか。
「キャットファイトって......。ついこの間、くすぐリングスを観に行ったばかりと違うの」と思ってしまったら、それは気のせいだったことにしておいてください。

今回のキャットファイトは、もちろん女性選手による股開きルールや追い剥ぎマッチの"正統派なキャットファイト"の試合が中心だったのですが、ピンクタイガーにリッキー・フジ、佐野直にミスター・ポーゴ、小仲ペールワンといった男性プロレスラーも出場し、ドミネーションマッチあり、まさに"正統派なプロレス試合あり"と、今回の大会は非常にバランスよくミックスされており、非常に楽しめました。
特にミスター・ポーゴが噴き出した火は、ぼくはリングのちょうど反対側の席だったにも関わらず、熱気(......というより"熱さ")とオイルのにおいが瞬時に伝わってくるのでした。
やられている選手はもちろん、リング下のお客さんもメチャクチャ熱かったのではないでしょうか。
炎を噴き出すミスター・ポーゴ

さて!
そんな訳で、いつものように今日の試合の模様を写真でお届けいたします。
少しでもこの雰囲気が伝われば......と思うのですが。
もちろん、オ・ト・ナの楽しみも今回多数あったのですが、例によって例のごとく、小心者のぼくとしては18禁となってしまった写真は自主規制いたします。
お子さまともども、安心して下の写真をクリックしていただき、大きな画像でお楽しみください。
(さすがに年末年始ともなると、職場からアクセスする人は少なくなってきていますが、皆無ということではないと思います。そんな方でも、ぜひご安心して大きな画像でお楽しみください)
今日のキャットファイトの試合模様
【大きな画像で見る】

コメント

内容と関係なくて申し訳ありませんが、今年もお世話になりました。
来年も楽しい話題を楽しみにしています。よいお年を!

新年から失礼します。
一人囃子さんのご活動ぶりはいつも尊敬の眼差しで拝見しています。

2007年も一人囃子さんのブログで何かと勉強させていただきたいと思っております。
特にキャットファイトはぜひ観戦してみたいです。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

なんだか、いつの間にか歳が明けてしまっていました……間抜けなコメントになっちゃっています。

●らかんさん:
コメントをありがとうございます。
歳が明けちゃってからのお返事ですんません。
……と言うか、こういうときはどうご挨拶するべきなんでしょうね。
年内であれば、「よいお年を!」には「よいお年を!」と返すのでしょうが、歳が明けたら「よいお年でしたかぁ~?」。
アントニオ猪木みたいになってしまいました。
そんな感じのぼくなのですが、今年もぜひとも「ぼくのミステリな備忘ログ」をよろしくご贔屓に、お願いいたします。

●ミッキー・パパさん:
ミッキー・パパさんにとっては、去年は御大との邂逅という素晴らしい出来事があり、とても羨ましい限りでした。
(別の機会での御大とのご挨拶には、名前を使わせてもらわせていただいたほどで……ありがとうございます)
ぼくの活動と言ってもチケットさえ買えば誰もができることばかりで……恥ずかしいっ!
キャットファイトは、次回は2月に歌舞伎町で77名限定の試合が開催されるそうです。
チケットぴあで発売されているので、「CPE」で検索されてみてはいかがでしょうか。
個人的には新宿ロフトワン・プラスのあの雰囲気が好きなので、「くすぐリングス」はぜひとも行きたいですね。
そんな訳で、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。