書店コラボで、実は森見登美彦ブレイク中?

いつも新宿では、タイムズスクエアにある、駅から遠い方の紀伊國屋書店に行っています。
何しろ駅近の「新宿本店」は、店の中は狭いし、そのためかあまり在庫がないし、その割には人の数が多すぎて歩いていてもぶつかられるわ、ぶつかるわ......で、単細胞のぼくとしてはいつも「ムッキー!」となってしまうのです。
併設されている劇場も、「本店」にある紀伊國屋ホールは客席の勾配は低くて後ろだと見えづらいし、座席が狭くて窮屈なんですね。
そういった面からでも、ぼくはやっぱり新宿南店の方が相性ピッタンコなのです。

とかブツブツ文句を言いながらも、久しぶりに本店に立ち寄ってみました。
相変わらずの人の多さにもうイヤン。
それでも「何か面白い本はないかな......」と物色していると、おお。
以前にもこのブログで紹介した森見登美彦のサイン色紙が飾られてあり、"●●●本はこちら"と矢印まで丁重に張り出されてあるではないですか。
森見登美彦のコーナーができています! しかもサイン本が......?!
これはきっと、色紙を書いてもらうついでに、在庫の本にサインを大量に書いてもらったに違いない!
ということは、この森見登美彦コーナーにはサイン本のお宝がゴロゴロ眠っているに違いないんだぜ!
もう想像するだけで思わずゲシシシシ......とイヤな笑い方をしてしまっているぼくなのです。
で、矢印の指示通りに本棚のコーナーを回りこんでみました。
すると......あおう。
「サイン本」ではなく、単に「本はこちら」なのでした
「サイン本はこちら」ではなく、単に「本はこちら」としか書かれていなかったのでした。

紛らわしいったらありゃしません!

......いや、まあ、勝手に勘違いしていたぼくがすべて悪いのですが。
すみません。

しかしこの平台は単なる森見登美彦コーナーではなかったのです。
何やら「自由にどうぞ」と書かれ、冊子風に折り畳まれたコピーがどっさりと設置されていました。
森見登美彦応援ペーパー
"タダ"という言葉の響きには非常に弱いぼく、早速1部いただいてきました。
タイトルは『夜は短し歩けよ乙女刊行記念 森見登美彦氏応援ペーパー』となっており、森見登美彦の言葉に本の紹介、そして各書店員による応援メッセージがズラズラと書かれてあります。
さらに四つ折にされたコピー用紙を広げると......おお。
『夜は短し歩けよ乙女』の舞台となった京都の街をイラストで紹介されています。
しかも森見登美彦自身によるコメント付き。
これは結構楽しいですね。

こうした応援ペーパーは、もともと、ときわ書房の聖蹟桜ヶ丘店が独自に発行していたようなのですが、ここ最近は、こうした「各書店のコラボレーションで発行する」パターンが増えてきているような気がします。
今年は道尾秀介がブレイクしたと思うのですが、秋ごろには、なぜか新刊ではなく以前に出た『向日葵の咲かない夏』を応援するペーパーが各書店の連合コラボレーションとして出されていました。

しかし、こうして各書店の連合で「応援ペーパー」が出されるようになったと言うことは、これはひょっとすると、森見登美彦も本当の本当に、本格的にブレイクしてきているのかもしれません。

コメント

ラカンさんに続きメリークリスマスです。
我が家のクリスマスは、だいたいイブです。25日はいたって普通の食卓です(^^ゞ

今年は、子供もサンタさんはいないのを知ってるので、【6歳120cmもあるのに年長、しかも山p大好きのマセガキ】DS本体とラブ・ベリーのソフトでした・・。しかも手渡し・・親としてどうしたらいいのか・・。悩みどころです。

それにしても一週間分の洗濯物はすごいですねー。奥様がいないと大変ですね。主婦は本当に大変なんですー!!と、内容と全然違う内容ですみませんm(__)m お体お大事にしてください。

あれれ、やっぱりクリスマスのお祝いって
イブにするものなんですか。
イエスさん、「ソノ日ハ、俺ノ誕生日ジャナイヨ!」って怒っていなければいいのですが。

相方はいてもいなくてもウチは一週間分を土日に洗濯していたので、それが普通なんですね。
平日の夜に洗濯機を回しても、ご近所迷惑じゃないかとか、干している時間がないとか、色々と問題がありますしね。