ノロわれる。そしてナイロン100℃を見逃す。

金曜日、どうも会社にいるときから「しんどいなあ」と思っていたんです。
駅からもリッチにタクシー帰宅だぜ!
お金を払うときに「領収証は?」と訊く運転手さんに「いらないです」と答えたオレ、さぞかしリッチマンに見えたことでしょう(←見えません)。
家に入るなり、スーツから寝巻きに着替えて、もうお布団に入ってしまいました。
10時ですよ、10時。夜の10時。
そしたら案の定、朝の4時に目が覚めてしまいました。
いやあ、人間の身体ってちゃんと「いつも寝ている時間だけ寝る」という習性があるもんなんですね。
相変わらず身体の節々は痛いわ、頭はボーっとしてメチャクチャ熱っぽいわ……で「風邪かな」と体温を測ってみると、37.5℃。
うーん、風邪のようです、風邪。
で、もう一眠り……の前にトイレに行きたくなったのです。
すると……キャー! キャー! キャー!

おしりからオシッコが出てくるよ!

いや、もうオシッコみたいにシャーシャー!
(お食事中の方、すみません……)
これはいかん、水分補給をしなければ!と買いだめしておいたポカリスエットをグビグビ飲んで再び布団に入ったのですが……また7時ごろ目が覚めてしまいました。
トイレに行くと……キャー! キャー! キャー!

やっぱり、おしりからオシッコが出てくるよ!

ポカリスエットを飲んだ分だけ、そのままオシッコがおしりから出てくる感じなんです!

9時になるのを待って、お医者に行きました。
笑福亭笑瓶の顔を丸くしたような感じで、やたらと腰の低いお医者さんです。
この笑瓶似が受けているのか、それとも腰の低さが受けているのか、ものすごい繁盛しているお医者さんなのです。
1時間近く待たされてしまいました。
で、その笑瓶似のセンセイが言うからには、「ノロウィルスか、ロタウィルスですね」。
薬はありません、ということで下痢止めだけ出して貰っておうちに帰ってきたのでした。
そうか、これでぼくもついに、流行の最前線に立ったわけなんですね!
しかし吐き気はないので、どうやらウィルスは腸で止まっているそうです。
これが胃までウィルスが来ると、猛烈に嘔吐したりし、ノロウィルスの特徴である「猛烈な下痢と嘔吐」という症状が出るそうなんですよ。
下痢ピッピーだけしかしていないこの中途半端さがまたオレイズム。

食欲はそんなにないので全然食べてないのですが、それでも身体のなかのモノがシャーシャーと出るだけ出て行くので、どうやら身体が軽くなってきたような気がします。
そうか!
ものすごい勢いでお腹を下しているということは、「腸のお掃除をしている」ということになりますよね!
これはダイエットになりますよ、ダイエット。ノロダイエット。
ワザとウィルスを腸に注入して、おしりからすごい勢いでオシッコをシャーシャーで腸のお掃除。
うーん、これが治る頃にはお腹がスッキリと細くスリムになっているオレ、誕生しそうです。

あー!
今日は三軒茶屋でナイロン100℃「ナイスエイジ」があるのでした。
せっかく先行予約でとったというのに、チケットを無駄にしてしまったではありませんか!
6,200円……もうそのお金が手元に戻ってくることは二度と来ないのです……。
6,200円がムダになってしまった……ナイロン100℃「ナイスエイジ」
これに比べれば、タクシー帰宅や「領収書いりません」って言うのは断然に安いのです……。