ページ/7ページ |次のページ最終ページ

近所のいつもの店で年越し蕎麦を

そんな訳で大晦日ですよ。
毎年のことながら、大掃除もせず、年賀状も書かず、お正月の飾りつけも何もせず、K-1も観ず、ただ「何かの祝日で会社が休みなんだ」という感覚でしかない罰当たりなぼくがここにいますよ。
しかしなのですが、これだけは欠かすわけには行きません。
そうです、年越し蕎麦ですよ、年越し蕎麦。ソバ。ソヴァ。Soba。Sova。
Viva、Soba !
この街に引っ越してくるまでは、年越し蕎麦は自分でゆでてズルズルとすすっていたり、または日清のどん兵衛天ぷらそばを「おお、後のせサクサクだぁ」などと自分で自分を誤魔化したりして来たのですが、いえいえ、この街は違いました。
家から歩いて5分ほどのところにお蕎麦屋さんがあるのです!
しかも手打ちです!
いつ行ってもお客さんがいません! 貸切状態でついつい長っ尻してしまうお蕎麦屋さんに今年もレッツゴウウ!ですよ。
大晦日にお蕎麦屋さんの門をくぐる
いつものように門を潜り、関西人のくせにいなせな江戸っ子風に「ハイ、ごめんよ」とお邪魔すると……
何じゃこりゃあ!
もうね、松田優作状態なんですよ。
普通のお宅の居間がそのまま店内となっているのですが、お客さんが結構いるではないですか。
去年行ったときは「余っちゃったので好きなだけ食べてください」と言われ、わんこ蕎麦状態だったはずこのお店が……!

そんな訳で、まずはお酒とお正月らしく特別メニューの数の子、白菜の自家製漬物に、しらす大根おろし、おでんで軽く胃袋をウォーミングアップ。
特別メニューの数の子に、お酒です!
っかぁぁ~、うめ~。
数の子のこのダシのつかり方が辛すぎず、水っぽすぎず、ちょうどいいんですな。
白菜のお漬物も、小皿にチョコンと出るのかと思いきや、大き目の小鉢(←大きいのか小さいのかよく判りませんが、とにかく“大き目の小鉢”なんです)に「これでもか!」と山盛り状態でドン。
ポリポリと食べだすと、これまた「うめ~」。
お店のテレビで紅白歌合戦を横目に眺めて、お酒をチビリチビリやりながら、数の子やお漬物、しらす大根おろしにおでんをつまむ予定だったのですが……!
あっという間になくなってしまいました。
がっつきすぎです。欠食児童かって言うの。

予定よりもメチャクチャ早い時間になりましたが、いよいよメインのお蕎麦を頼みました。
本年一年、「無事」とはまったく言えませんでしたが、こうして面白おかしく過ごせてこれたことに感謝しつつ(誰に感謝すればいいんだろう……ぼく自身?)、今年最後の贅沢として、お蕎麦をズルズルとかきこむのでした。
そして最後は年越しにお蕎麦をいただきましょう
っかぁぁ~、うめ~。
やっぱりこの店のお蕎麦はウマイわ。
今年はあまりこのお店に来られなかったのですが、来年こそはまたいつものように通おうとかたく決心しながら家路につくのでした。

2006年をキャットファイトで締めくくる

今年も演劇にダンス、サイン会、映画撮影のエキストラ参加など、様々なイベントにお出掛けしていきました。
週によっては土曜・日曜とも昼夜のダブルヘッダーなんて無茶な予定まで入れていたのですが、ここ最近はさすがにそんなタイトなスケジュールはしんどくなってきました。
おかしいですねぇ。
ついこの間までは、土曜・日曜のダブルヘッダーで4公演観に行くスケジュールを入れていても、全然平気だったはずなんですが......。
さすがに寄る年波には抗しきれなくなってきたようです。
来年は、週末のイベント参加のペースを落としていくことにしましょう。

そんな、年末らしい反省を交えつつ、今日が2006年最後のイベント参加です。
新木場1st Ringでキャットファイト観戦。
おお、なんと最後を飾るに相応しいのでしょうか。
「キャットファイトって......。ついこの間、くすぐリングスを観に行ったばかりと違うの」と思ってしまったら、それは気のせいだったことにしておいてください。

今回のキャットファイトは、もちろん女性選手による股開きルールや追い剥ぎマッチの"正統派なキャットファイト"の試合が中心だったのですが、ピンクタイガーにリッキー・フジ、佐野直にミスター・ポーゴ、小仲ペールワンといった男性プロレスラーも出場し、ドミネーションマッチあり、まさに"正統派なプロレス試合あり"と、今回の大会は非常にバランスよくミックスされており、非常に楽しめました。
特にミスター・ポーゴが噴き出した火は、ぼくはリングのちょうど反対側の席だったにも関わらず、熱気(......というより"熱さ")とオイルのにおいが瞬時に伝わってくるのでした。
やられている選手はもちろん、リング下のお客さんもメチャクチャ熱かったのではないでしょうか。
炎を噴き出すミスター・ポーゴ

さて!
そんな訳で、いつものように今日の試合の模様を写真でお届けいたします。
少しでもこの雰囲気が伝われば......と思うのですが。
もちろん、オ・ト・ナの楽しみも今回多数あったのですが、例によって例のごとく、小心者のぼくとしては18禁となってしまった写真は自主規制いたします。
お子さまともども、安心して下の写真をクリックしていただき、大きな画像でお楽しみください。
(さすがに年末年始ともなると、職場からアクセスする人は少なくなってきていますが、皆無ということではないと思います。そんな方でも、ぜひご安心して大きな画像でお楽しみください)
今日のキャットファイトの試合模様
【大きな画像で見る】

小竹向原でポタライブ・ワークショップ「5.構成-B」

ワークショップって、この世に数多く存在するようですが、「参加してみたい」と思ったのはこれが生まれて初めてだったのです。
そんな訳で、12月の1ヶ月間、5回に渡って、ぼくにとっては未開の街、ここ小竹向原で行われたポタライブのワークショップ、今日が最終回でした。
(と言っても、ノロウィルスのせいで途中2回欠席してしまい、ホントは3回だけの参加だったのですが)

最終回の今日は「構成」。
前回に「構成-B」ということで、今日は実践篇のようです。
まずは、もう既におなじみとなった小竹向原の住宅街を通り抜けていきながら、“自分が感じた雰囲気”を一言で紙にメモするよう指示が出ました。
続いて、その“自分が感じた雰囲気”を、よく現しているものを2つピックアップするように指示が出ます。
ちなみにぼくが選んだのがこの2箇所。
路地で遊ぶ子供たち 写真では見えませんが、店のなかではオバチャンが忙しくお惣菜をつくっています

このピックアップした2つ“だけ”を皆に見てもらい、自分が何を感じたのかを当てるという課題です。
しかし、ただ漠然と「これとこれ」などと、単に2つのシーンを見てもらうだけでは当然ダメなわけで、「どの順で見てもらうことで、他人にも自分が感じたことを判らせるか」工夫をすることが大事だということです。
これが今回のテーマ、「構成する」ということなのですね。

さて、そんな訳でぼくは上の写真の順で皆に見てもらおうと決め、その場所に連れて行くと……オオゥ、神よ。
子供がいません!
神隠しですよ、神隠し。現代の世に甦った神隠し。
……などと取り乱してしまっていても仕方ありません。急遽、紹介ブツを変更です。
子供の代わりに、この風景を見てもらいました。
20061230-003.jpg
丸印のところではちょうどタイミングよく、オバチャンが布団バンバンと叩いて「引っ越しっ! 引っ越しっ! サッサと引っ越しっ!」などと怒鳴り散らしている……訳はなく、そのまま取り入れていきました。
いいですねー、このタイミングでのオバチャン登場。

そんな訳でこの2つを見てもらい、しかも見るだけではなく、他の感覚も動員してもらいました。
そして聞いてみると、おお。
言葉としてはそれぞれ違うのですが、意外と「思っていたこと」って伝わるものですね。
そうです、ぼくの感じた雰囲気は「生活感」なのでした。
当初取り入れたのは路地で遊ぶ子供たちの声に、ボールを蹴る音。
子供たちがいなくなったあとには、洗濯物で満艦飾状態のベランダ、そして布団をたたく音。
またどこかのお宅からは、子供がピアノの練習しているのかぎこちなく聞こえてくるポロンポロンという音色。
これらを“遠景”の雰囲気として表しながら、続いて訪れた店屋の前。
店内では、店のオバチャンがせわしく働きまわっている様子、常連さんが買い物に来た威勢のいい挨拶、そして売り物のお惣菜のにおい。
これらを“近景”として感じさせられた「生活感」なのでした。

さて、ここからはポタライブのワークショップの総仕上げです。
40分ほど時間をかけて、「自分なりの作品をつくる」。
残念ながらぼくは前回のテーマ選びのときにお休みをしてしまったので、見学者です。
が、これがなかなか面白いんです。
人それぞれに街に対する感じ方があり、また、その感じた街のあり方をそれぞれの切り口で見せていくことがこんなにも違った形で現れることなのか……と、新鮮に思ったと同時に

「あー、ぼくもやりたかったっ!」

見学者として発表を楽しみながらも、そうした発表ができる人たちのことを羨むばかりの時間なのでした。
こんなまっすぐな道路をどこまでも進んでみたい……と感じさせられます こんな公園も通って……羨ま悔しいっ……!

参加者の発表を見ているうちに、主宰者の方もムクムクと発表欲が浮かんできたのか、「よし、ぼくもやっちゃおうかな」。
即席で始まりました。
なんと豪華な番外編のミニ・ポタライブ。
しかも、気にかかるお宅の前を通り掛ると、住人がそこにいるではありませんか。
ぼくのような小心者だったら、不審者と思われないように目も合わせず、サササッと通り過ぎてしまうところですが、そこはポタライブ主宰者。
これまでの作品でも制作時にずっと取材してきたというから、もう挨拶みたいなものなのでしょう。
気軽に話しかけて、気になることや街のことなどを聞き出していたのでした。
ポタライブ主宰者、ただ今取材中
うへえ。
知らない人とは絶対に話なんてできないぼく、決してそんな取材なんてできません……(泣)。

しかしここ、小竹向原は相変わらずのワンニャンパーク状態です。
参加者によるミニ・ポタライブ発表中(つまり本番中)だというのに、ラブラドール・レトリバーの飼い主が立ち話をしている傍を通り掛かると「ねえ、遊んでいってよ」という顔で見上げるので、ついつい皆で頭を撫でまわしていったり(さくらちゃんといって、もう10歳だそうです)、
気持ちよさそうに頭を撫でてもらうラブラドール・レトリバーのさくらちゃん(10歳)
これまた参加者によるミニ・ポタライブ発表中(つまり本番中)だというのに、ニャーニャーと鳴きながらネコがどこからともなく1匹、また1匹と集まり始め、皆で指先を突き出してにおいをかがせてみたり、
ブッサイクな顔しているくせにニャーニャーと人懐っこい小竹向原のニャンコたち
なんと最後には、手乗りインコならぬ“肩乗りミニチュアダックス”なんて登場したりするのでした。
カメラを構えると、メチャクチャ興味津々だった“肩乗りミニチュアダックス”
恐るべし、小竹向原のワンニャンパワー。

次回ポタライブの本公演は3月。
その前の2月には「ミニ・ポタライブ」があるということで楽しみにしています。
また今回のワークショップでずっとご一緒だった女優さんの出るお芝居も、1月に吉祥寺で開催されるということで、こちらの劇団は初めてなのですが、お伺いをしてみようと思っています。

こうして、今までなかった世界が広がっていくところも、こうしたワークショップの面白いところですね。
次回こそは全部参加して、「ぼくのポタライブ(略してぼタライブ)」をつくってみたいたいものです。

享年12歳でした。最後まで兄には懐きませんでした。

実家で飼っていたシーズー犬の“ちょび”が、今日の午前中、両親に看取られながら息を引き取ったとの連絡がありました。
享年12歳でした。
この1週間は昏睡状態が続いており、オシメで世話をしていたそうですが、昨日だけは、毛布をめくるたびに意識がないながらも尻尾を振っていたそうです。
「無意識のうちにお別れを言っていたのかもしれないね」とは両親の言葉です。
こちらが、昏睡状態で眠っている“ちょび”の写真です。
リビングの家族の傍で昏睡状態のちょび

このちょびは、ぼくが仕事の関係で実家から出て行ってから新しくやってきた弟だったため、まったくぼくには懐きませんでした。
たまに実家に帰ると、胡散くさそうに「誰だ、お前は? ボクは、このなかはし家の息子なのさ!」と言う目つきで見るのです。
それが兄貴を見る目か!
こ、こ、こ、こいつは……。
理不尽で有名な、かのセリフ「のび太のくせに生意気だぞ」と言うジャイアンやスネ夫の気持ちが、このときばかりはよく判るのでした。

しかしこの弟は、かなり現金なヤツでした。
ぼくがご飯やおやつを食べていると、千切れんばかりに尻尾を振って懐いてくるのです。
ねぇねぇ、お兄ちゃん。何を食べてるの? ボクにもちょうだい、ちょうだい

そんな弟でしたが、なぜか一度だけ、とびきりの笑顔を見せたことがありました。
手に持っていたハンカチを頭にかぶせてやり「うわ、とってもかわいいねー」と褒めながらカメラを向けると……
今思えば、これが最初で最後のいい笑顔でした
こんな笑顔を見せたのでした。
きっと、オヤジがいつもちょびの写真ばかり撮っているのでカメラ慣れしているのかもしれません。
それが証拠に、何枚か写し終ると「もういいだろ」といつもの顔つきに戻ったのでした。
気持ちの切り替えの早いヤツ……
モデルか俳優並みに気持ちの切り替えの早いヤツです。
今思えば、このときが彼がぼくに見せた最初で最後のいい笑顔なのでした。

彼は、今晩一晩は自宅で家族と共に過ごし、明日の朝、動物霊園で葬儀を行う予定だそうです。
ぼくは今回のお正月には実家に帰らないので、ここ横浜の地から、ちょびの旅立ちを見守っていたいと思います。
願わくば、なかはし家でこれまでにも飼ってきた2匹の犬たちと仲良く遊んでくれますように。

じゃあね、バイバイ。

本人も忘れていた10周年。記念に何か差し上げます。

あら、いやだ。
もうすっかりウッカリしていました。

そんな訳で、今日、本当は別のお話を紹介するつもりだったのですが、急遽、予定を変更しての特別体制でこのブログをお届けいたしております。
(↑緊急番組風の慌しい雰囲気でお読みください)

で、冒頭の「あらいやだ」に話は戻るのですが、なんと、いつの間にかぼくがマイ・ホームページ(つまり、「書庫の部屋」)を開設して10年も経ってしまっていたことですのよ。
10年ですか!
しかし全然気がつきませんでした。
最近はもっぱら、こちらのブログばかりを更新していて、まったくサイトの表玄関であるTOPページを見ることがなかったのですね。
ところが先ほど、たまたまブックマークに保存していたURLを見て「懐かしいなあ、まだページは残っているだろうなあ」と見てみたのでした。
もちろん、プロバイダにお金を払っているのでページは確かに残っていたのですが……あれ? あれれ? あれれれ?
“since 1996/12/09”なんて書いてるー! なんと、もうとっくに10周年の日付を過ぎていたのでした……。

10周年ですよ、10周年。ハッピー・アニバーサリー!
こんなメチャクチャ節目のタイミングをすっかり忘れ去っていました。
確実に10歳は歳をとっておりますもの、ええ、ええ。
そりゃ、物忘れも激しくなっているというものですよ。
笑いたければ笑うがいいさ。
さあ、笑っておくれよ、ぼくを指差して。
ほら、笑え。どうした、哂え。さあ、嗤ひ給へ。
(何か変に自虐的になってきている)

ちなみに10周年の記念すべき日に当たるブログは何を書いていたかな……と調べてみますと……オオウ。
鳥肌実「全国時局講演会 死ね!今こそお国の為に」(九段会館)ですよ。
何が悲しゅうて、10周年記念という節目を忘れて「死ね!」ですか。
死んでも死に切れませんって。

せっかく一生に一度の記念すべき晴れ舞台、“10周年”と言う節目が過ぎ去ってしまい、また暦も12月も暮れようというこのクソ忙しい時期、しかも冬休みに入ってしまってサイトの閲覧数も抜群に下がってしまっているこんなときですが、やはり「ホームページ開設10周年」という芳き日を祝して、ここはひとつドーンと“何か”景気よくプレゼントしたいですね。
何がいいでしょうか……。
ちょっと部屋をゴソゴソ探してみました。
こんなものを見つけました。

  • 【18歳未満はダメよ】「くすぐリングス」で撮影したけどブログに掲載できないもの
  • 【続・18歳未満はダメよ】「キャットファイト」で撮影したけどブログに掲載できなかったもの
  • 「ぼくのミステリな備忘ログ」での没ネタ写真(あなたが考えたネタをブログに掲載します ← 手抜き更新をもくろむ)
  • これはプレミア間違いなし! ぼく、なかはしの生サイン入りポラロイド写真
    (デジタル写真でもOK)

生サイン入りポラロイド写真は、ちょうどこんな感じになる予定です。
新年早々悪夢のような年賀状
(なんか年賀状形式になっていますが、すみません。以前の日記のネタの使い回しです)
これはすっげー超豪華!……な訳ありませんね。
98年11月には、「10万アクセス記念」として何やら書庫の部屋の本を大放出していたみたいですが(PCが幾度となくクラッシュしてきたので、データがきれいサッパリ吹っ飛んでいて何の本を放出したのかまったく覚えていません……)、そのときみたいに本を放出しようにも、何の本がどこにあるのかよく覚えておりません……。

そんな訳で今回のタイトルにはウソ偽りがあります。すみません。
……いや、そんなことありません。ぼくからは皆さんに「愛」を差し上げております。
恥ずかしがらず、ドンドンと受け取ってやってください。

これからもよろしくお願いいたします。

ページ/7ページ |次のページ最終ページ