遠き富士に陽は落ちて、ちょっぴりセンチメンタルな秋の日の夕暮れ

(↑)今日のタイトル、ながっ!
いや、要は今日は何もしていなくて、起きたらもう夕方で陽が沈んでしまっていった……というだけのことなんですが。
寝ぼけ眼でベランダに出てみると、外はもう夕焼けの真っ最中ですよ。
富士山の雄大なシルエットが“クッキリハッキリ東芝さん”(←桂三枝風に)並みに映えているのです。
富士山のシルエットにチョッピリ青春時代の真っ盛りを過ごす若者の気持ちが判ったような気がしました

「うおーっ! 雲ひとつない今日の夕焼けは、また格段にきれいだぜっ!」

ふはははは、青春映画のように吼えてやったぜ(心のなかで)。
ふはははは、砂浜のうえを駆けて行ってやったぜ(脳内の砂浜で)。
ふはははは、波打ち際に「LOVE」と書いてやったら、すぐに波で消されてしまったぜ(妄想の海岸で)。

そんな擬似青春時代のヒーローを脳内で演じながら、我が地元、みなとみらいの方を見てみると……おおう。
何ということですか。
今、たった今、ぼくはベランダで大きく「うおーっ! 雲ひとつない今日の夕焼けは、また格段にきれいだぜっ!」と叫んだばかり(心のなかで)なのに、こんなに雲がモクモクと湧き出てきているのですよ。
富士山があんなにきれいに夕日に映えているというのに、地元のドンヨリ具合はこれ、どうですか!
これは不吉です! メチャクチャ不吉です!
きっとよくないことが起こるに違いありません。
こんな日に外に出るとは正気の沙汰ではありません。
きっと交通事故にあうか、通り魔に刺されるか、万引きの濡れ衣を着せられるか、サイフを落とすか、転んで足を擦り剥くか……散々な目にあってしまうに違いないのです。

そんな訳で、本当は今日はスーパーに今週の食料買い出しに出かけるつもりだったのですが、やめましょう、やめましょう。
また布団にヌクヌクとくるまって、怠惰な日々を過ごすのでした。