ページ/7ページ |次のページ最終ページ

私はどちらの本を買えばいいのでしょうか

「注目の本」というコーナーに、『長い腕』という文庫本が積み上げられていました。
POPの紹介によると、第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作だそうです。
本棚を占拠した『長い腕』

「『長い腕』って、“怪物くん”のことちゃうのっ!」などと心のなかで激しくツッコミながらカバー裏に書かれてあるあらすじを読んでみたのですが……なかなか面白そうな気がします。
そういえば、ちょうど今読んでいる本が帰りの電車のなかでちょうど読み終わりそうだったのでした。
ちょうどいいや、買っちゃえ。
手にとろうとしたところで……あれれ?
本棚の上段と下段とでは、帯が違っているのです。
「注目の本。」、帯が上と下とで全然違います

上段は「担当者のイチ押し! ニ押し!!」として、右隅に紀伊國屋書店の名前が印刷されています。
対して下段はなんと! 北村薫のお勧め文句が書かれてあるのですよ。
どちらを買えばいいのでしょうか。

こうした新人作家の作品では、目にとめてもらうために有名作家の名前を大々的に刷り込みます。
で、売れてきたところで、本屋さんが「あれ? この本売れているな」ということで、“担当者オススメ”などとかかれるようになってくるのではないのでしょうか。
つまり、「北村薫のお勧め文句」は新人作家の本を売るために書かれたものに違いなく、また「紀伊國屋担当者のイチ押し! ニ押し!!」は、本が売れてきたのでもっと売るために書かれたものに違いありません。

そうです! きっと北村帯の方が。版数がまだ少ないに違いないのです!

そんな訳で、上段と下段の本の奥付を見たたのでした。
まずは北村薫のお勧め文句が書かれた下段の本。

きっと北村薫の名前で大々的に売り出そうとした方の奥付
平成十六年五月二十五日 初版発行
平成十八年十月二十五日 三版発行

……え? あれ?
平成16年って、2年も前の本だったのですよ。
いったいいつから北村薫はこうしてお勧めをしているのでしょうか。
一方、紀伊國屋書店担当者のイチ押し! ニ押し!!の方も見てみると……

書店員がイチ押し! ニ押し!!
平成十六年五月二十五日 初版発行。

……。
こちらがまだ初版なのでした。
ひょっとするとこの本が出版された当時、担当者が「コレは売れる!」と確信して大量に入荷しすぎてしまったのかもしれないのです。
だとすると、本屋さんのエライさんから直々に「少々の経費は使っても構わないから、在庫を減らせ」と命令されたのでしょう。
だからこそ、2年前の本がなぜか今頃大々的に取り上げられ、さらには初版の方には「担当者イチ押し! ニ押し!!」などというキャッチコピーの帯が付けられているのでしょう。
(どうもぼくは完全に“返本制度”のことを忘れているらしい……)

ところで。
この奥付の写真をよくよく見ていたら、社長の名前も変わっていることに今頃気が付きました。
2年前の角川書店の社長さんは“田口さん”と言う方のようでした ところが今の社長さんの名前は“井上さん”となっています
2年もの月日が経つ間には、社長の座すら交代しているのですね。
ああ、祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり……。

サインを貰って世界で1枚だけの攻殻機動隊

今さらなんですが、攻殻機動隊がマイブームなんです。
と言っても、押井守監督作品の映画「GHOST IN THE SHELL」の方ではなく、「STAND ALONE COMPLEX」のテレビ版の方です。
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

これまで、ぼくを問答無用で泣かそうとしたら、「クララが立ったシーン」を思い出させるだけで十分だったのですが、この「攻殻機動隊」を観てからはタチコマの自爆シーン(「さよなら、バトーさん」「♪ぼくらはみんな、生きている~」)を思い出すだけで、勝手に涙が流れるようになってしまいました。
(ああ、こう書いている今も涙腺がチクチクと痛いぜ、チキショー)

その大好きなテレビ版の放映も、「S.A.C.」「S.A.C. 2nd GIG」と終わってしまい、すっかり虚脱していた日々が続いていたのでした。
ところが、なんと!
この夏にたった1話だけですが、長篇として攻殻機動隊が復活したのですよ!
タイトルは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」......って長すぎ!
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society......略して「SSS」
あまりに長すぎるので、どうやら「SSS」と呼ばれているようです。
で、この「SSS」(←早速使ってみた)、「やったぜ、べいべー、復活だぜっ!」と喜ばされたのもつかの間、放映されたのはスカパーのペイパービューのみだったのです。
ウチ、ケーブルテレビだもん、ペイパービューなんて観れませんよ。
新宿の映画館でも、ナイトプログラムとして1日だけ上映をしたそうですが、ファンが殺到し、映画館前は大混乱にさえなってしまったそうです。
そんなこんなで「観たい」という思いを懸命に押さえつけ、涙を飲んで我慢していたこの数ヶ月だったのでした。
それが! なんとこの11月になって、ようやくDVDが発売されたのですよ、皆さん!
しかも今回は5.1chサラウンド!
ああ、飛行機の爆音が、無線の交信が、パトカーのサイレン音が、群集の足音が......みんな、みんな、ぼくの周りで旋回しているよ! サラウンド!
もうメチャクチャカッコいいのです。いいのですよ、いい。すごくいい! サラウンド!
もちろん、物語もいいんです! 最高にいい! カッコいいんです! サラウンド!(←もはや掛け声のようになっている。サラウンド!)

そして、この「攻殻機動隊」という番組の魅力を支えているのが音楽なんですね。
菅野よう子が紡ぎ出すサスペンスフルな作曲センスにはただ、ただ、脱帽するばかりです。
そして「攻殻機動隊」のもうひとつの顔、それがOrigaというロシア人の歌手による主題歌。
透き通るような声域に、アグレッシブなスタイルのサウンド、歌詞はロシア語と英語のミックス。
これがえも知れぬかっこよさを秘めているのですね。
今回も主題歌は、このOrigaが担当していたのでした。
しかもオープニングのみならず、エンディングもですよ! もちろん、ピッカピカの新曲ですよ!
カッコイイったらありゃしません。

そんなディープでマニアックな話を会社でしていたんですね。誰も知らないだろうなあ......などと思いながら。
すると、隣に座っている同僚が「オリガって、私の友達だよ」

な、な、な、なんですとー!

その同僚は、さらにとどめの一言を放つのでした。
「同じマンションに住んでるから、いつでも会えるし」

な、な、な、なんですとー!

その同僚は、我が家から歩いていける所に住む一番のご近所さんなんです。
そんなすぐ近くにOrigaが住んでいたとは露知らず、いつも車で「攻殻機動隊」のサントラをガンガン掛けながら、周辺を走りまくっていたのですよ。
すぐさま次の日、その同僚に持って行きましたとも、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」、略して「SSS」のDVD。
もはや、ぼくのミーハ-精神は止められないのです。
「お願いしますお願いしますお願いしますお願いしますお願いします」と、その同僚にDVDを無理やり押し付け、挙句の果てには「DVDを観まくってもいいから、ね、ね、ね、お願い」などと頼み込んだのでした。

すると、やはり同じマンションに住んでいるというのは、心強い。
早速、帰ったその足でサインを貰いに言ってくれたのでした。
ウッヒョー。
Origaのサイン入り「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」のDVD
しかしリクエストで「できればロシア語でサインして!」などと無謀なお願いをしてしまったため......なんかメッセージが書いてあるのだけど、なんと書いてあるのかよく判りません......。
ぼくの知っているロシア語なんて

  • ピロシキ
  • トロイカ
  • カチューチャ
  • ウォッカ
  • コサックダンス

ぐらいのものだし、知っている歌だって「♪トゥリャ、トゥリャ、トゥリャ、トゥリャ、トゥリャ、トゥリャリャ~」ぐらいです。
我ながら何と無謀なお願いしたものなんだろう......このメッセージが解読できる日は来るのでしょうか。

「公衆電話」ってもう死語なのかもしれません

夕方の駅のコンコース。
家路を急ぐサラリーマンどもの喧騒で、もう耳が変になるかと思うぐらいに耳鳴りがするのです。
そんな人の流れの勢いの片隅に、ポカリと穴があいているかのようなエアポケットがあったのです。
公衆電話が3台、まるで団子三兄弟のように並んでいるのですが……
3台中、使い物になるのはたったの1台だけ
故障しているのです。
調整されているのです。
3台もあって、1台しか使えないのです。
Ooh~。

そういえば、大体昔話でもそうですね。3人兄弟がいたら末っ子がしっかり者っていうパターン。
「3匹の子豚」なんて、長男と次男は簡単に家を狼に吹き飛ばされてしまいましたが、末っ子の家だけは頑丈で、狼も歯が立ちませんでしたって、アレ。
この公衆電話も見たところ、左側がもっとも新しそう、つまり「末っ子」ということになるのですね。

  • 長男は「調整中」とかこつけて仕事を怠けている
  • 次男は狼に騙されて変な薬を飲まされ、「故障」してしまった
  • 末っ子の三男だけは働き者

やっぱり「末っ子」はしっかりしてるわー。

しかし「3台中2台が故障」とはすごい故障率なんですよ!
人間で言い表すと、致死率66%……。
エボラ出血熱並みの高い致死率ですよ、これは!
うひゃー、ひとたまりもありません。
こうして公衆電話は、エボラ出血熱並みの高い致死率に侵されて、静かに絶滅をしていっているわけなんですね……。
がんばれ、電話三兄弟! ケータイ社会なんかに負けるな!
心のなかで強く電話三兄弟にエールを送っていると……わおーん!
喧騒の渦から抜け出して、こちらに近づいてきたオジサマ、テレカを懐から取り出して……

公衆電話を利用している人……文化遺産的価値のある姿です!
公衆電話を使ってるー!

やったぜ、電話三兄弟!
頑張ったね、電話三兄弟!
末っ子の意地を見せてくれたのさ、電話三兄弟!
絶滅危機にある公衆電話を使っている人を見られたのは、これが今世紀最後なのかもしれません。

ところで。
テレカの正式名称って、“テレホンカード”なのでしょうか?
それとも“テレフォンカード”なのでしょうか?

サラリーマンが女子プロに夢中です

いやはや、もうね、参っちゃったのですよ。
何の話かと言うと、スカパーですよ、スカパー。スカイパーフェクトTV。
そもそもいったい何チャンネルあるのかよく判らないスカイパーフェクトTV。略してスカパー。
その何チャンネルあるのかよく判らないうちの1局に、「GAORA」というスポーツ専門チャンネルがあるのです。
この「GAORA」は、プロレス番組もかなり力を入れて放映しているので、いつも楽しみにしているのですね。
プロレスが純粋に楽しめる局といえば、あとは「サムライTV」しかありませんが、ここは受信料金が高いので、お預けマンマ状態なのです。

そんな訳で、先週にこの「GAORA」で放映されたプロレス番組をビデオに録画しておいて、ようやく観たのですよ。
プログラムは、11月17日に新宿Faceで行われた「OZアカデミー興行」。
......そうです、そうです。この日に観に行った女子プロ興行です。
何となく、予感はしていたのですね......。
そしたら、Ooh~、何と言うことでしょう。
場外乱闘で、セコンドの選手の後ろからソッと覗き込んでいるぼくの姿が映っているではありませんか......。
場外乱闘で、カメラと、カバンと、上着を持って右往左往......しながら選手の様子を覗き込む
何なんですか、この情けない姿は。

いやね、別にピースサインをしたり、カメラ目線をチラチラ投げかけたり、そんなヤラシイことはしなくてもいいんです。
と言うかしてないし。
しかし、セコンドについた選手の後ろからソロソロと覗き込んでいるこの姿。
こんな姿を全国に晒してしまったのですか、くあぁー、情けねえ。

......と思っていたら、もう1箇所発見しました。
実は、何度もカメラを構える姿が捕らえられていました
メッチャ、カメラを構えています。
もう一心不乱です。
小指が立っているように見えますが、それは気のせいです。
このときに構えていたのが、この写真を撮ったときなのでした。
徹底的なラフ・ファイトでヒールぶりを見せつけるアジャ・コング
こんな角度からカメラに映されているなんて、全然気がつきませんでした。
これではゴルゴ13になる資格なんてありません。
(そんな資格はもともとありません)

天野月子ライブ2006(STUDIO COAST)

さて、今日は新木場にお出かけですよ。
新木場といえば、新木場1st Ring。
いつものように女子プロ観戦か……と思わせておいて、そうではないのです!
新木場駅から歩くことおよそ5分、こんなところにライブハウスがあることなんて知りませんでした。
その名も「STUDIO COAST」。
外国のライブハウスみたいに英語で今日のイベント名が記載されています!
今日はここで、天野月子ライブなのです。
“STUDIO”なんて名前がついているから小さいのかと思いきや、いやいや、デカイデカイ。
渋谷にある「SHIBUYA AX」と広さは同じ程度に見えたのですが、バルコニー席のような段があったり、2階席も多めにあったりということで、何でも2400人は入るそうですよ。

整理番号順での入場ということで、今回は「24番」。
天野月子ライブ2006「ゴネンジャープラス」
開場してすぐに入場できました。おかげで鼻息荒く会場の中に入ると……おお、最前列フェンス前。
そして待つこと1時間……。オールスタンディングのため、座ることもできず、まさに立ちっ放しで苦行にも似た1時間になるところですが、今回はフェンスにもたれて待てるので楽チンです。
そうこうするうちに始まりましたよ。
イヤー、キャー、ステキィー! 目の前で歌ってギターを弾いてシャウトする天野月子、目が合います、目が合います、もうバッチリ目が合いますとも(かなり妄想モード突入)。

今回はカメラが相当台数入り(うち一台はクレーンでブンブン振り回すほど)、「おお、いつかはライブ映像として出るんだな」と思っていたのですが、アンコールのときに“お詫び”が入りました。
演奏としては特に問題もなく、サイコーによかったのですが、裏方スタッフの演出ミスがかなり目立っていたそうです。
で、「このまま商品として売るのは申し訳ないのですが、商品化された暁には、今日ライブに来られたお客さん全員に、プレゼントします」。
うぇぇぇぇー?! マジっすかー?!
しかし、“商品化されたら”という前提条件がついているうえ、“そのまま商品として売るのは申し訳ない”と言っているあたり、商品化されず密かにお蔵入りになってしまう可能性が考えられるのですが……。
あーん、DVD-Rに焼いただけでもいいから欲しいのです。

そんなこんなで怒涛疾風吹き荒れた3時間のライブは終わったのでした。
……3時間?
以前は「2時間40分だ! 長かったぜ!」とか言っていたのに、普通に3時間もやるようになってきたのね。

興味ないヒトには興味ないと思いますが、今後の自分自身のためへの覚え書き。

【今日のセットリスト】
01.菩提樹
02.箱庭~ミニチュアガーデン~
03.B.G~Black Guitar+Berry Garden~
04.時計台の鐘
05.Treasure
06.Stone
07.龍
08.ウタカタ
09.カメリア
10.月
11.人形
12.日曜日
13.烏
14.JOKER JOE
15.RADIO MAGIC(アースシェイカーのカバー曲)
16.鮫
17.スナイパー
18.トムパンクス
19.蝶
20.巨大獣

~アンコール 1~
21.梟
22.恋
23.Love Dealer-2006-
24.トムパンクス
25.風船

~アンコール 2~
26.おんがく

「アンコール 1」で、途中で演奏されたはずの「トムパンクス」が入っていますが、スタッフの演出ミスの1つが、この「トムパンクス」での演出ミスだったため、再度歌い直したのだと思われます。
しかし、そんな言われても、「あ、タイミング間違えたね」なんて思えることはなかったのですが……。

ページ/7ページ |次のページ最終ページ