京極夏彦『邪魅の雫』を買いに平塚まで来ています

ウワサの京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地域特装版』を買いに、平塚の本屋さんまで来ています。
まだまだ平台にどっさりと残っているようです。
まだまだあります、京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地域特装版』
レジカウンターの内側にも取り置き予約分でしょうか、段ボール箱のなかにたくさん積み上げられていました。
もともとは"モノスゴイ貴重版"というイメージがあったのですが、逆に、全てがはけるのかどうかが、気になってきてしまいました。
通常版と異なっているのは

  • カバー
    (表表紙から裏表紙にかけての1枚絵。背には"邪魅"らしき妖怪の絵。用紙もいつものツルツル系ではなく、凹凸感のあるザラザラ系)

  • ("KEEP OUT"のロープ風)
  • 奥付には『大磯・平塚地域特装版』のサブ・タイトル入り
    (ただし扉のタイトルには入っていない)

といったところでしょうか。
また解説書ですが、この店では購入者のみお渡しする方式のようで「持ってけ、ドロボー」状態ではなく、レジの横に積み上げられていました。

トラックバック

» 『邪魅の雫』 京極夏彦著 講談社ノベルス 2006 from まろまろ記
ごはん&麺類好きだけど、最近ふとしたことからパンを勉強中のまろまろです。 さて、... 続きを読む