島田荘司全集コレクターズアイテム

うぎゃー。
講談社の京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地区限定特装版』だけでも、もう十分にマニア心をくすぐられて大変だというのに、今度は南雲堂ですよ、南雲堂。
そうです、南雲堂といえば『島田荘司全集』。
その南雲堂までやってくれちゃいました。"マニア心くすぐり戦略"。
何気に『島田荘司全集』告知ページを見ていたんです。
そうしたら、なんと最終ページにこんな告知がされていたではありませんか。

島田荘司全集 第1集の発売を記念致しまして、ホームページ限定予約特典をご用意致しました!
ホームページ注文者には、先着100名様には、当初函として使う予定で用意しておりましたトレーシングペーパーで作成した〝しおり〟二枚一組を差し上げます。
一枚は島田先生直筆サイン入り!

島田荘司サインは、まだTRICK+TRAPで行われるサイン会で手に入れられるからいいとして、問題はトレーシングペーパーのしおり。
これがメチャクチャ気になって仕方ありません......。
以前、島田荘司のデジカメ日記でこのトレーシングペーパーを使った函の案が掲載されていたのですが、これがとてもよさそうだったのですね。
で、その気になるデザインのトレーシングペーパーをしおりにしたというから、もういったいどんなものなのかなと、気になるのですよ。
申し込みかけてしまいましたが、いやいや、代金の支払い方法が「現金書留」のみということで、「郵便局に行って、封筒を買って、お金を入れて、送付して......」と考えていると段々と冷静になり、危ういところで踏み留まれました。
これが「振り込み」や「代引き」だったら、"トレーシングペーパーのしおり"を手に入れるがためだけに、4,125円ものお金を出してしまうところでした。

連日のように出版各社が仕掛けてくる、あの手この手の"マニア心をくすぐる戦略"に、もうぼくの心はくすぐられっぱなしで崩壊寸前です。

【その後の追伸】
9月30日に、吉祥寺のTRICK+TRAPで行われた島田荘司サイン会では、なんと"トレーシングペーパーのしおり"が記念品として配布されました!
ラッキー!

コメント

商売上手ですねー
なかはしさんVS出版社
観戦に行きますよ、S席1枚
カード払いでいいですか?

いやいやいや、今回の『島田荘司全集』については、フト冷静にかえることができたので端から勝負を投げ出しています。
不戦敗です。
そのような訳で、ノーコンテストのリングになってしまいました。
今度試合があるときは、S席よりもRS席(リングサイド席)の方がより迫力ある模様をお届けできる……かもしれません。
(どんなリングなんだか)