今日はとっても京極夏彦な1日

今日のブログは、昼間から夜にかけての「京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地区限定特装版』……?」騒動で、すっかり書き終えた感があったのですが、いえいえ完全に忘れていました。
11月11日にヤクルトホールで行われる「自作朗読会 リーディングカンパニー Vol.5」のチケットを買ったのでした。
前々から、大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆきの3名による朗読会というのは気になっていたのですが、開催を知ったときには既に遅くチケットが購入できず、難儀していたのです。
そんな今回は、今日がチケット前売開始ということを知って、張り切ってぴあで購入申し込みをしたのですよ。
すると……あらららら。いいのでしょうか。B列なんですよ、B列。
大極宮メンバーによる「自作朗読会 リーディングカンパニー Vol.5」
ヤクルトホールの客席図を見ると、最前列に「AA」席なんてあるようなので、実質は3列目ということですが、それでも前は前なんです。

ヤクルトホールなんて、まだドランク・ドラゴンやダンディ坂野が出ていた頃の「東京腸捻転ライブ」に何回か行った程度で、しかもどんなに頑張ってもいつもかなり後ろの席しか座ったことがなかったので、今回の席がどんな席なのか想像がつきません。

ということで、まあ今日という1日は京極夏彦に始まり、京極夏彦に驚かされ、そして京極夏彦で終わったような日なのでした。