なぜか今頃、伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』のサイン本

例によって例のごとく丸善の丸の内本店でノベルス売り場をウロウロしていると......おお。
伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』がサイン入りで積み上げられているではありませんか。
積み上げられた伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』サイン本

しかし、もうこの本は発売されてからかなり日が経っているはずなんです。
なぜ今頃になってサイン本があるんだろうと不思議に思いながら奥付を見てみると、もう9刷になっているのです。
ひょっとすると、この本の売り上げもそろそろ落ち着いてきたので、出版社がテコ入れのつもりで増刷分をプレミアとしてサイン入りにしたのではないでしょうか。
しかしこの店では、未だに初版分が別の平台にまだまだドン、と積み上がっているのですよね。
初版分がまだ山積みなのです......
本屋さんとしては、初版を売り切る前でもプレミア増刷分を仕入れて、売れ残った初版分は返本しちゃえーという腹づもりなのでしょうか......(などと、相変わらず穿った見方をしています)。

あっ!
そういえば前作『陽気なギャングが地球をまわす』でも、発売されてしばらく経って忘れた頃、映画化にあわせた増刷でいきなりサイン本が出回っていたのでした......。
映画化記念で大盤振る舞い、伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球をまわす』サイン本
とすると、これは出版社の戦略ということなのでしょう......。
なかなかファン心理をくすぐる戦略ですね、これは。

トラックバック

» 陽気なギャングの日常と襲撃 |伊坂 幸太郎 from ミステリー倶楽部
正確には星3.5とつけたいところなのですが個人的にキャラクターが大好きなので繰り上げて星よっつ。 相変わらず会話が絶妙でフランス人によるアメリカの通... 続きを読む