ページ/9ページ |次のページ最終ページ

青山円形劇場で日韓ダンスコンタクト

吉祥寺を出ると今度は、井の頭線で渋谷に出て青山円形劇場にやってきました。
今回で7回目となる「日韓ダンスコンタクト」Cプログラムを観るためです。
日韓ダンスコンタクト
今回のプログラムは以下のとおり。

堅田知里『or サイクロン』
キム・ヨンチョルl『乱場 A man's requiem for the lonely』
シモン&イ・ウニ『Still Waiting……』
上村なおか『白い穴』

今回、最前列で見ていたのですが、特に堅田知里の超絶的なバランス感覚に眩暈を覚えてしまいました。
ステージの縁を爪先立ちで、しかも片足をゆっくりと動かしながら、上手から下手へと移動してくるのです。
真ん中あたりで動きは徐々に激しさを増していき、照明も背後からのみとなるそのシーンでは、逆光で彼女の影のみがクッキリと浮かび上がり、その姿はまるでシャーマンのように畏怖さえ感じさせられるのでした。
逆光という現象により、飛び散る汗もまたキラキラと映えて光り、それはそれはかっこよくも美しいシーンなのでした。
そしてラスト、ステージから客席にダイブして暗転。
もうメチャクチャかっこよかったです。

2組目のキム・ヨンチョルは、様々な小道具を多用して「魅せる」に徹したものでした。
特に後半、花吹雪を散らしながらその真ん中で優雅に舞う主宰者の姿は、まるで幻の世界にでも誘われるような感覚さえ覚えてしまうのです。
またラストも、暗転して終わったかと思うと、また明るくなり、とある印象的な動作を行うところを見せながら、徐々にフェードアウトしていくという、まるで映画のような演出なのでした。

3組目のシモン&イ・ウニは、なかなかにショッキングなスタイルのダンスでした。
男女のペアなのですが、これがそれぞれ単独で踊るのです。
まずはシモン。いきなりお腹に注射器を刺すシーンが……!
しかも、どの席からでもよく見えるようにという配慮からなのか、ロジェクターで大写し。
アイタタタタタ……。
やがて暗転、続いて登場したのは、男性のイ・ウニ。
これがなんと……スッポンポンのポン! もうチンコ丸出しで踊ったりしちゃっているのですよ、これがまた。
そんな訳で、いろいろな意味でもっともショッキングだったシモン&イ・ウニの舞台なのでした。

そしてラストを飾ったのが上村なおか。
彼女のダンスはとてもストイックなのだけど、どこか動きに可愛らしさを感じさせるのですね。
だから観ていて、いつもホッとするのです。
今回の作品は、音楽が耳をつんざくようなハードなノイズ系で、動きもまるで音楽に合わせるかのようなもだえ苦しむさま。
しかし、どこかそのなかにも見え隠れする愛らしいしぐさや、動き。
これです、これ。これが上村なおか風味の持ち味。
これが観たくて今日は青山円形劇場にやってきたようなものでした。
ラスト、踊り終わった彼女はバレエダンサーのような礼を三方向に行いながら、さらには正座して三つ指ついて由緒正しきジャパニーズスタイルでのご挨拶。
こうした可愛らしさが堪らないんですよね。
彼女の次回公演は10月に原宿で行われるのですが、こちらはまた別作品を踊るということで、今から楽しみにしているのです。

TRICK+TRAPでの島田荘司サイン会

今日は夕方から、吉祥寺のTRICK+TRAPで『島田荘司全集』発刊を記念してのサイン会が行われたのでした。
お昼に平塚で京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地域特装版』を購入して、重たくなってしまったリュックを抱えながら、一緒に行く友人と待ち合わせ......のつもりだったのですが、とんだハプニングにより、ちょっとばかり遅刻してしまいました。すみません。
そんな訳で、待ち合わせ場所に着くやいなや、まずは友人に平謝り。
謝って気が済んだところで(←お前の気が済んでどうするんだ)、さあ、吉祥寺に向かってレッツラゴウ!です。

もともと今回のサイン会は、夜に観劇の予定があるので、当初戸川さんには「取り置きなどお願いします」と厚かましくお願いをしていたのでした。
ところが「あれ? 時間調整したら何とかいけるやん」と気が付き、「やっぱり夕方であれば参加できます。ぜひ、ぜひ、お願いします」......などとメールを何度も出しまくってしまいました。すみません。
そんな訳で、お店にお邪魔するやいなや、まずは戸川さんに平謝り。
すいません、すいません、ご迷惑をお掛けいたしております......って、何だか今日は謝ってばかりの一日だ。
そして友人の紹介をすると、彼のプロフィールで大盛り上がりになる店内なのでした。
そんなぼくも、さっきまでの反省はどこへやら、彼を利用した"虎の威を借るキツネ"の状態で、フォッフォッフォッフォ(←イヤなヤツ)。

そんな感じで、何やかんやとしているうちに......おお、いよいよ御大とのサイン会タイムがやってきましたよ!
奥に設置されたいつものソファに腰掛けて、優しく微笑むそのお姿は、やっぱり「放課後の学校の先生」状態です。
「よろしくお願いします」とぼくが差し出すのは、『島田荘司全集』に加えて、『溺れる人魚』と『UFO大通り』と、厚かましくも3冊。
しかも、いつものように為書きにサイト名まで入れてもらうようにお願いしています。
それでもイヤな顔ひとつせず、「いいですよ」と優しく応じてくれる島田先生(←学校の先生と掛けている)。
『島田荘司全集』は、あの分厚さのためにちょっと書きづらそうでしたが、それでも何とか"台"を置いて書きやすくすることで、サラリサラリ。
いつもの達筆さでサラリサラリとサインをしてくれているところ
しかし驚くべきことは、サインそのものに対するきめ細やかな心配りなのです。
『島田荘司全集』と『UFO大通り』には、用意された銀ペンを使ってサインされたのですが、『溺れる人魚』を開くと、「ああ、この紙の色だったら銀じゃダメですね。黒ペンはありますか?」
お店にあったのは通常のサインペンだったのですが、それが差し出されると「これは水性ペンですよね。この紙で大丈夫かなあ......?」
そしてなんと、隣でアシストしていた南雲堂の社員の方に向かって、「この紙は○×(←よく判らず)ですよね?」などと確認されているのですよ。
訊ねられた南雲堂の社員の方、ものすごく身を乗り出して覗き込まれて、「そうですね、○×ですよねぇ」。
あ、あ、あ......そんな......。他社の本なのに、ものすごくすみません。
(また謝っている)
しかし、水性ペンでもインクが滲んだり、はじいたりしないと判断した御大、そのまま何事もなかったかのように黒ペンでサインしていただいたのでした。
そういえば、以前のサイン会でも「紙によってペンを使い分けている」と言われていたことがありましたっけ......。

そんな訳で揃い踏みした今日の3冊の本です。
(左から『島田荘司全集』、『UFO大通り』、黒ペンに持ち替えた『溺れる人魚』)
『島田荘司全集』 『UFO大通り』 『溺れる人魚』

そして、サインをいただいてからは「せっかくなので、記念写真もお願いします」......って、欲張りすぎ。
しかし暴走機関車と化しているぼくとしては、写真なしではもう帰れないのです。
とか何とか言いながらも、結局は「ぼくと島田荘司のツーショット」、「ぼくと友人と島田荘司とのスリーショット」、そして「友人と島田荘司とのツーショット」を"それぞれ2枚ずつ"......合計6枚も写真を撮っていただきました。
(写真撮影をしていただいた南雲堂の方、ありがとうございました)
写真をお願いしても気軽に応じてくれるのです

「ありがとうございます、ありがとうございます」とガッチリ握手までしていただいて席を立つと、南雲堂の方が「こちらをどうぞ」
何やら社封筒を渡されました。
もう頭がいっぱいいっぱいで大バカモード満開のぼくがまず思ったのは、お車代?
もうアホですな。そんなわけありません。
そっと中を覗いてみると......おおぅ、こいつはグレートだぜ!
なんと、数日前のブログでぼくが「欲しいよー」などと嘆いていた"トレーシングペーパーのしおり"が入っているではありませんか!
南雲堂ホームページでも告知されていたトレーシングペーパーのしおり。かっこよすぎて使えません......
南雲堂の方がわざわざ丁寧に、「『全集』のデザイン案で出ていたトレーシングペーパーで作ったしおりです」との説明に、もう"判りたもうておる、皆まで言うな"状態のぼくですよ。
「これ、南雲堂さんのホームページで告知されているの見て、欲しいなあって指をくわえていたのですよ!」。
もう、本当に「ありがとうございます」を50連発してもまだ足りないぐらいの幸せ気分で店を後にしたのでした。

しかし、これで6月から始まった"月刊 島田荘司"すべてにサインをしてもらうと言う魂胆、今のところは軽くクリアしてるぜっ!......と思ったら、ああ!
9月の"月刊 島田荘司"は、光文社文庫から出ている『光る鶴』なのであって、『島田荘司全集』ではないのでした。
全然アカンやん......しょぼーん。
ちなみに、"月刊 島田荘司"とは、ちょうど6月から毎月のように各出版社から島田荘司の本が出版されることにより、どこかの出版社がそのように呼んでいる状態のことです。
ラインナップは次の通りだそうです。

  • 6月:『帝都衛星軌道』(講談社)
  • 7月:『溺れる人魚』(原書房)
  • 8月:『UFO大通り』(講談社)
  • 9月:『光る鶴』(光文社文庫) ← 『島田荘司全集』(南雲堂)ではありません
  • 10月:『犬坊里美の冒険』(光文社カッパ・ノベルス)
  • 11月:『最後の一球』(原書房)

京極夏彦『邪魅の雫』を買いに平塚まで来ています

ウワサの京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地域特装版』を買いに、平塚の本屋さんまで来ています。
まだまだ平台にどっさりと残っているようです。
まだまだあります、京極夏彦『邪魅の雫 大磯・平塚地域特装版』
レジカウンターの内側にも取り置き予約分でしょうか、段ボール箱のなかにたくさん積み上げられていました。
もともとは"モノスゴイ貴重版"というイメージがあったのですが、逆に、全てがはけるのかどうかが、気になってきてしまいました。
通常版と異なっているのは

  • カバー
    (表表紙から裏表紙にかけての1枚絵。背には"邪魅"らしき妖怪の絵。用紙もいつものツルツル系ではなく、凹凸感のあるザラザラ系)

  • ("KEEP OUT"のロープ風)
  • 奥付には『大磯・平塚地域特装版』のサブ・タイトル入り
    (ただし扉のタイトルには入っていない)

といったところでしょうか。
また解説書ですが、この店では購入者のみお渡しする方式のようで「持ってけ、ドロボー」状態ではなく、レジの横に積み上げられていました。

M's Styleで女子プロ観戦

いやー、もうすっかりご無沙汰してしまっていて、「プロレス・格闘技」のジャンル項目でも、キャットファイトばかりになってしまっていたこのブログ。
そんな訳で久しぶりに行ってきたのですよ、金曜日とはいえ平日の夜に女子プロレス観戦。
団体は「M's Style」。10月で解散すると聞き、慌ててチケットを取ってきたのでした。
場所は歌舞伎町のど真ん中、新宿FACEです。
しかし、平日の夜という開催日が悪いのか、客席がかなり空いています。
リングサイド席なんて、2列しかないのですよ。
そんな客席に漂う空虚な雰囲気は、試合の熱気で吹き飛ばすべきなんですが、オープニングマッチがまだデビュー間もない若い選手同士によるシングルマッチ。
......うーん。
「若手同士」というのは、もうイッパイイッパイになってしまっているので、どうしても見せ場に欠けてしまうように思うのです。
結果としては観客もドン引きの一戦となってしまい、今日このあとは一体どうなってしまうのだろうと心配してしまう幕開けなのでした。
若手同士によるシングルマッチのオープニング

しかし、2戦目以降からベテラン選手が登場してくるにあたって、さすがです、数々の「見せ場」を用意するに当たって、序盤のドン引きがウソのように客席が徐々に盛り上がってくるのでした。
まずは豊田真奈美のプランチャー。
西尾美香がこのプランチャーで重傷を負ってしまったことを思い出して、ちょっとヒヤッとしてしまいます

パワーで見せ付けるアジャ・コング。
やはりアジャ・コングのパワーには、真正面から向かっても勝てません

タッグによる3way(3チーム)方式という変則的なルールにもかかわらず、ゴタゴタになることなくしっかり「見せるところは見せていた」ベテラン勢である6人。
6人全員が出てくるとすっかり団子状態になってしまっています

そして、以前のようなアクロバティックな動きは少なくなってきたものの、蹴りにより重みが増していた浜田文子。
浜田文子の重い重いドロップキック

いや、もう、やはりプロレスってこうしてたまにナマで観ると、なんか、こう、熱いものがこみ上げてくるのですね。
で、ついつい次回公演のチケットを購入してしまう......と悪循環のループにまたはまっていきそうです。
(既にチケットを2枚も買ってしまったことはナイショ)

そんななかで今回、個人的に敢闘賞をあげたくなったのが、栗原あゆみ。
この唇をかみ締めて何かにじっと耐えている顔が彼女らしいと思うのです
彼女もデビューしてまだ1年という若手ながら、メイン試合での出場です。
試合前に流れる案内ビデオ。
それによると、もともと彼女は持ち技がドロップキック1つしかないため、大向美智子がコーチとなりずっとバックドロップの特訓をしてきた......とのこと。
そして今日はその師匠である大向美智子とタッグを組んでの出場となったようです。
しかしながら当初は彼女の持ち味がまったく生かされず、逆に浜田文子の重いキックにかなりグロッキー状態。
しかし「メイン出場」という気負いからか、気持ちは負けていませんでした。
浜田文子とは合わせて何十発になるでしょうか、張り手の打ち合いでも一歩も引かず、そして......ついに出ました。
特訓の成果のバックドロップ
角度的にやや浅いですが、それでも連発したため、かなりダメージを与えることができたようです。
そしてついに3カウント。
その瞬間、大向美智子と抱き合い、そのままずっと動かなかったのでした。どうやらその背中は涙を流していた様子でした。
師匠と弟子、抱き合ったまま動きませんでした。大向美智子がここまで笑っている顔は始めてみたような気がします
そして彼女を受け止める大向美智子も、この笑顔です。
いつもクールな表情を崩さない大向美智子がここまで破顔一笑してしまうほど、やはり師匠としての今夜の栗原あゆみの勝利は嬉しかったのでしょうね。
カメラを構えているぼくも、一緒に涙が出てきてしまって「ヤバ、ヤバ......」。
カメラを目に当てたまま流れる涙を誤魔化すのに大変でした。
師匠の肩に乗り、リングをまわって喜びを観客と分かち合うのでした

大沢在昌と京極夏彦の合同サイン会

いやいや、もうこれは大変なことですよ!
カッパ・ノベルスblog「『狼花』サイン会情報・続報」経由で知った情報ですが、大極宮のトップ画面にとんでもないニュースが掲載されてしまいましたよ!
大沢在昌が『狼花』、京極夏彦が『邪魅の雫』と新刊をほぼ同時期にリリースした記念に......

大沢在昌と京極夏彦の合同サイン会&ミニトークショーが開催されるそうです!

うおぅ、うおぅ。
以前に、大沢在昌と宮部みゆきの合同サイン会には参加したことがあったのですが、そのときに「京極夏彦はサイン会をやらないのかなー」なんて思っていたわけなんですよ。
あしかし、それがついに、ついに、ついに実現、京極夏彦も登場するわけなのですね。
しかも、今回のイベントは嬉しいことに、主催が本屋さんではなく「大極宮」(本当は、光文社&講談社かも)なんですね。
つまり、「サイン会に参加するためにもう1冊買わなければならない!」ということもなく、「既に買ったものを持ち込みするだけでOK!」なのだそうです。
嗚呼、なんとありがたきイベントなのでしょう。
(ただし、どちらか1冊ではなく、『狼花』『邪魅の雫』の2冊を同時に持ち込みしないといけないのですが)
ということはですよ、京極夏彦の場合、『邪魅の雫』の大磯・平塚地区限定特装版を持っていけば、たっはぁー!
もう、これは劇レアアイテム、間違いなしですね!

ただしこのイベントに参加しようと思ったら、まずは東京地区・大阪地区の2ヶ所で200名ずつ抽選されるということで、クジ運が強くなければいけないのですが......。
締め切りは10月10日とのことで、「我こそはクジ運が強いんだー! オリャー! ウォウー!」という方はぜひとも大極宮の告知ページから申し込まれてみてはいかがでしょうか。

しかし......。
どうせなら、宮部みゆきの『名もなき毒』も、まだ立派に新刊の部類に入ると思うので、3人揃ってのサイン会だったら、これはもう最強だったのではないかと思うのです。
(↑欲張りすぎ)

ページ/9ページ |次のページ最終ページ