貫井徳郎サイン本を買いに行く相方

今日のお昼過ぎに第一報を報じたとおり、横浜は有隣堂に貫井徳郎の新刊『空白の叫び』上下巻ともサイン本があることを知ったぼく。
しかもちょうど今日と言うこの佳き日には、相方が横浜駅周辺を徘徊する予定があったのです。
そんな訳で早速相方におつかいを頼んだのでした。
しかしながら、心のなかでは大丈夫かなあ......と、早くも「初めてのおつかい」のママさん状態。
心のなかではあのテーマソング(B.B.クイーンズの「♪ド~レミファ~だいじょ~ぶ~」)がエンドレスで流れているのでした。

そして夜、家に帰るや否や、相方に「どうだった?」と訊ねると、「うん、サイン本なんて出てなかったよ」
ガクッ! 何と言うことでありましょう。
相方いわく、「しかも本がもうこんな状態で大変だったんだから」。
わざわざ写真に撮って見せ付けてくるのでした。
貫井徳郎の新刊はどこ?
おおう、おおう、これはこれは確かにスゴイことになっています。
完全に、江戸川乱歩賞受賞作に食われてしまっています。
デビュー13年目の貫井徳郎が、ですよ。
上下巻という大作の『空白の叫び』が、ですよ。
完全に江戸川乱歩賞受賞作品の底上げ状態。
それも"先輩作品2冊"で"新人作品1冊"の底上げ状態。
つらいよね、つらいよね、確かにそれはつらいよね。
だからでしょうか、販促POPのなかでの著者近影も心なしかちょっと寂しげに見えてしまうのです。
心なしか、POPのなかでもちょっと寂しげな表情の貫井徳郎
しかも、メッチャ傾いているし。

なんと相方は、この状態で江戸川乱歩賞受賞作品の尻に敷かれている貫井徳郎の新刊を、ウンショ、ウンショと引き出してサイン本かどうか確認したそうです。
......が、「サインなんかない、全然フツーの本だった」。

えっー?!

しかし、事前にお店に電話で確認したときには、ちゃんと「ありますよ。上下巻ともサイン本です」とのことだったので、取り置きをお願いしたのでした......、ん? 取り置き!
そうです、そうなんです。ちゃんと取り置きをお願いしていたのでした。
「取り置きをお願いしてたんだよ」と言うと、相方、フフフと不敵に笑い「ちゃんとサービスカウンターで訊いてみたら、棚から出してきたよ」。
何ということでしょう、相方のカバンのなかにはちゃんと『空白の叫び』上下2巻があるではありませんか!
オオウ、オオウ、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
店にサイン本が置かれてなかったのは、単に店側が隠していて明日以降ちょっとずつ出していく計算だったのか、それとももう既に売り切れてしまっただけなのか。
そのあたりの原因は定かではありませんが、いずれにしても、サイン入り貫井徳郎『空白の叫び』上下巻はちゃんと我が家にやってきたのでした。
貫井徳郎サイン入り『空白の叫び』

コメント

ふぅ~。お使いが無事に出来てよかったよ。
私まであのテーマ曲でドキドキしちゃったよ。
>フフフと不敵に笑い
↑想像できます(笑)。相方殿、おつかれさまんさ。

途中で転んで泣き出したり、袋をズルズル引きずって中身を落としてきたり、「疲れたのーっ!」とキレてダダをこねたりすることもなく、無事におつかいは完了したようです。
テレビ的には全然面白くないんでしょうけどね。
(それ以前に大人が「初めてのおつかい」なんて出て面白いのでしょうか……)