子供たち、頑張って、勉強してよ

どこかの住宅街の、どこかの塾の前。
BOSSの自動販売機が設置されていたのでした。
きっとここは、会社帰りのサラリーマンがたむろする新橋周辺の立ち飲み屋のように、夜遅くまで勉強した子供たちが塾の帰りにこの周りで一杯(一本?)やっていくのでしょう。
そのBOSSの自動販売機に謎のメッセージが記されていたのです。

KGBからの謎のメッセージ
KGB

ケ、ケ、ケ、KGBですか。ケージービー。ロシア語読みすればカーゲーベー。
旧ソ連はもうとっくに解体されたというのに、いったいなぜ、こんなところにカーゲベーの文字が記されているというのでしょうか。
いまだにこんな極東の極小の島国でも残党が暗躍しているということなのでしょうか。
これはきっと塾に通う子供たち、つまり「将来のエリート」を今のうちから洗脳し、いずれは立派なスパイに仕立て上げていくつもりなのかもしれません。
とすれば、うう、なんと気の長い作戦なのでしょうか。
立派なスパイになるまであと20年は掛かっちゃいますよ。
おそるべし、カーゲーベー。

しかし、考えてみたら、KGBみたいな秘密組織がこんなに堂々と「KGB」なんて書くわけないですものね。
これはKGB、つまり「旧ソ連閣僚評議会付属国家保安委員会」ではないのかもしれません。
そしてここは塾の前……ん、塾?
そう、塾の前なんですよ、塾の前。
塾の前にたむろして一時の安らぎを得る子供たち。
つまり

子供たち、頑張って、勉強してよ

ということを示しているのかもしれないのです。
Kodomotachi Gambatte Benkyoushiteyo」 → 「KGB」……?
おお。
そうだ、そうだ。きっとそうに違いありません。
夜遅くまで自販機前でギャーギャー騒いでいる子供たちのやかましさにしびれを切らした住民が、注意しようと思ってもこの世知辛い世の中、逆恨みをされる恐れも十分にあります。
そこで「判るやつだけに判ってもらえればいい」と、このような暗号メッセージで憂さを晴らしたのかもしれません。