石持浅海の新刊情報を訊ねてみた

アー、もう気になって仕方がありません。
限定150部、石持浅海サイン入り新刊情報」なんて情報をアップするだけしたのですが、サイン本150冊の行方を考えると、眠れなくなってしまったのです。
おかげで休日で、いつもより遅く寝たのに、いつもより早く起きてしまいましたよ。

そこで、思い切って朝10時から、いつも定点観測をしている各書店に電話を掛け、ノベルス担当者に石持浅海の新刊(特にサイン本)状況を訊ねてみるという暴挙に出てしまいました。
きっと午前中であればまだお客さんも少なそうだし、少々電話を掛けるぐらい平気だろうなあ……と勝手に思い込んでいたのですが……すみません。
なかには結構忙しかったお店もあったようで、わざわざ折り返し電話を掛け直してくださった書店さんもあったのでした。
以下の各書店のノベルスご担当の方、ご迷惑をお掛けいたしました。

  • 青山ブックセンター本店
  • 紀伊國屋書店新宿本店
  • 紀伊國屋書店新宿南店
  • 書泉グランデ(神保町)
  • ジュンク堂書店池袋本店
  • ジュンク堂書店新宿店
  • ブックファースト渋谷店
  • 丸善丸の内本店

各書店の答えは次のとおりでした。

石持浅海『顔のない敵』の店頭発売日は8月21日予定。
(休み明けに取次会社から届けられると思われるため)
サイン本に関しては“現在の状況では、判りません”。
これは、多くの場合、初回入荷後に改めて出版社から「サイン本がありますがいかがですか?」と尋ねられ、その際に「欲しい」と応じると、改めて取次会社から配送されてくるシステムになっているため。
なので、初回からいきなりサイン本が並んでいるということは「まず」ない。

なるほど……。
ということは、どの書店のどの店にサイン本が並ぶかは、出版社が尋ねる順に掛かっているということなんですね!
それって、ファンの側にしてみれば、本屋に行くまでサイン本という“当たり”があるかどうか判らないという点で、もうほとんど“ガリガリ君”式販促作戦(または、“ホームランバー”式販促作戦)と変わらないということなんですね。

♪ガーリガリくん……ガーリガリくん……ガーリガリくん……
(ガリガリ君アイスのCMジングルが耳の中でエンドレスしています)