男子はだまってなさいよ!「宇宙戦争」

お昼を過ぎた頃から、雷がゴロゴロいい出してきたのです。
ベランダで様子を見ていると、何やら「スザァァァー!」と爆音を立てながら霞のようなものがこちらに向かってやってきたのですよ。
なんだ、なんだ......と思っているうちに一気に霞に包まれてしまいました。その霞の正体は、豪雨なのでした。
道を歩いていて「雨の境目」を体験することはたまにあるのですが、こんな「雨がやってくるところ」を見たのは生まれて初めての経験でした。
霞状に見える豪雨に混じり、時折、雷がピカピカ光ってドッカンドッカンと鳴り響いています。
雷の鳴る様が面白くてずっとベランダで見ていたのですが、近くで工事中のマンション建設クレーンにも何回か落ちていました。
そこでハッと我に返り、ヤバイヤバイとパソコン周りのコンセントを抜いておき、念のため全てのLANケーブルも外しておきました。
......が、結局は電気関係には何事もなく、また泣く泣く苦労して這いずり回ってコンセントとLANケーブルをさして回ったのでした。
最近はパソコン周りだけでなく、テレビやCATVのデコーダー、果てはHDDレコーダーまで全部LANケーブルで繋げているので、一旦外してまた接続するとなるとめんどくさくて仕方ありません。
部屋の中はムシ暑いし、べランダでぼんやりしていたままでよかったのでした。

夕方からはお出かけ。
その頃には豪雨もすっかり止んでいるのでラッキー!
また山手線や京浜東北線も運転中止していたようですが、ぼくが利用する電車は何の影響もなくこれまたラッキー!
これはもう日頃の行いのせいとしか言いようがないのでしょう。フェッフェッフェッ。

お出かけ先は、男子はだまってなさいよ!の最新作「宇宙戦争」を観に、下北沢は本多劇場です。
男子はだまってなさいよ!「宇宙戦争」
この変なネーミングである「男子はだまってなさいよ!」は、主宰者である細川徹がそのときそのときで集めたメンバーで行うライブ集団とでも言うのでしょうか。
もうとにかく、徹底的に"おバカっぷり"を描ききっています。
この細川徹という作家は、シティボーイズで三木聡のあとを継いだ若手でもあるのですが、その三木聡の計算されつくした構成とは異なり、とにかく「どうすればおバカに見えるか」。
"おバカっぷり"をこれでもか、これでもかと波状攻撃で仕掛けてくるのです。
きっと、その"おバカっぷり"を見せることが主体となっていて、おそらく構成そのものの計算はないとは思うのですが、それでもここまで徹底的にその"おバカっぷり"を見せつけられては、まるでそれ全体が巨大な計算だったかのような錯覚に陥ってしまうから不思議です。
これは、いわば細川マジックとでも言うのでしょうか。
また今回出演した俳優たちも"怪優"揃いのため、どこまでが台本でどこからがアドリブなのかサッパリ判らないところもクラクラとした酩酊感を味わせてくれます。

次回公演は未定とのことですが、絶対に次回も観に行きたいですね。
個人的には、最近ではチケットが取りにくくなったうえにかつてのようなパワーが感じられなくなったシティボーイズよりもお勧めかもしれません。
今回、本多劇場を満席にしたうえ臨時席まで出ていたほどなので、これまたシティボーイズのようにすぐチケットが取りにくくなる公演になるかもしれませんが。

しかし、こんなに面白いのでしたら第1回公演から行っておくべきでした。
実はその第1回公演は少々気になっていたのですが、その頃はちょうどシティボーイズで作者が三木聡から代わっており、それがまたまったく面白くなかったのでした。
なので「やーめた」と行かなかったのですが、今考えてみると、このときはきっと「シティボーイズ」という枠組みにとらわれていたあまりに、100%の力が発揮できていなかったのかもしれません。
(あるいは観ているぼくの方が、三木聡のような"計算されたテクニック"を期待していたために拍子抜けしたのか)
彼は、こうした若手中心の集団で自分の思うようにやりたいまま作って演出をしている方が生き生きとしてよいのかもしれません。

トラックバック

» 観劇感想: 男子は黙ってなさいよ!5「宇宙戦争」 from boku(自由とオサラバ!・・・どうも僕です。)
今日は下北沢の本多劇場に舞台を観に行ってきました。 男子はだまってなさいよ!の「宇宙戦争」です。 いや、まぁシュールな劇でしたわ。 ほどほどに楽... 続きを読む

コメント

うわあ、これ見たかったんですよ。
チケットを取ろうか悩んでるうちに取り損ねてしまった…。
そんなバカバカしいのならぜひとも見たい。
次回は頑張って取ろう!

そうなんですよね、やっぱり最初に観に行くのって勇気が要るんです。
ぼくの場合、記事にも書いたようにもともと興味がなかったのですが、たまたま行ったダンスのコンピレーションイベントで、なぜか彼らが「コント」で参加していたのを観たのでした。
そこで、「なんたるおバカ!」と感動すら覚えてしまったのです。
“社会”という名のストレスに押しつぶされそうになっている現代人の皆さんにはぜひとも観に行かれることを強くオススメしたいおバカっぷりなんですよ。
そりぃさんも、次回公演はぜひともどうぞ!