謎のGPS搭載トラック

クルマで国道を走っていると、こんなトラックが隣の車線を走っていたのでした。
何やらすごい装置が付いている模様
一見、ただのトラックですが、いえいえ、大きく誇らしげに「GPS搭載」と謳っているのです。
今でこそカーナビはおろか、ケータイにすらGPS機能が搭載されている時代なのに、わざわざそんなことを大げさに謳うべきことかと思いきや、いえいえ、さすがはIT大国ニッポンです。こんなことが書かれてあるのでした。

すごいぞ、GPS搭載!……なのか?
環境対策・安全運行
リアルタイムシステムを搭載

何やらメチャクチャすごそうなのです。
さすがは環境問題をいちばんに考えるあたり、地球に優しい企業であることをアピールしているのかもしれません。
また安全運行、これは運輸業界としてはもっとも当たり前であり、そしてもっとも重要な課題だと思うのですね。
それらの諸問題を、どうやらトラックにGPSを搭載することで解決しているようなのです。
その下には具体的にこのように書かれていたのでした。

  • 温度管理
  • メール機能
  • 動態管理
  • 運行管理

なるほど、「動態管理」と「運行管理」か。いや、それは判るんです。
判らないのが「メール機能」。
これがGPSとどう関係するのかサッパリ判りません。単に普通のケータイ機能じゃないのでしょうか。
ひょっとすると、勝手に運転手がサボって運行エリアから外れると「コラッ! サボらずにちゃんと走れ!」などとアラートのメールが届くようになっているのかもしれませんが。
(だったらそれは「動態管理」じゃないのかな……)
そして、さらに判らんのが「温度管理」。
GPS搭載したからといって、どう「温度管理」に繋がるというのでしょうか。
「沖縄地方だから車内冷房をきつめにスイッチON!」
「北海道地方に入ったから、社内冷房をゆるめにスイッチON!」
とかやってるのかもしれませんが、そんなもん、GPSじゃなくても庫内温度を一定に保っておけばいいのではないかと……。