ブッシュに何ものかが居ます!

いや、もちろんブッシュだからといってもアメリカの大統領のことではないんですよ。
繁みです、繁み。
いや、正確に言えば植え込みなんでしょうが……。

近所のスーパーで夕飯用の買い物を済ませて、店の外に出たところで植え込みから「ハー、ハー、ハー、ハー」とかなりワイセツな息遣いが聞こえてくるのですよ。
まだ梅雨が明けていないとはいえ、もはや季節は夏。
変態的変質者が好みそうな肌もあらわな奥様方や、スカートの短い女子学生たちも多く、このスーパーを利用しているのです。
きっと、この変態的変質者の野郎は、手篭めにできそうな彼女たちを探すためにこの植え込みに潜んで、様子を伺っているに違いないのです。
ううん、いけません、いけません。
近所でそんなエロ事件など起こされては、地域社会の秩序が乱れてしまい、犯罪者の巣窟になりかねません。

ここは一発、ぼくが変態的変質者の様子を窺うことにいたしましょう。
もし相手が弱そうなヤツだったら、ここは一発カツを入れてやらなければなりません。
もし、ムキムキマッチョマンだったら……近所の交番に行ってお巡りさんに事情を説明して急行してもらいます……。

そんな訳で、(反撃されたらコワイので)買ったばかりのシーチキンの5缶パック片手に(かなりの凶器……いや、武器にになりそう)、植え込みの向こうをそっと覗いてみると……。
「ぼく、ご主人様を待ってるのー」と待ち犬状態の柴犬
植え込みにくくられて待ちイヌとなっている柴犬が、「ハー、ハー、ハー、ハー」と暑そうに舌を出しながら、「ん? なあに? ぼく、ご主人様を待ってるのー」とご機嫌な笑顔でこっちを見返してくるのでした。

コメント

あ~ん、あんあん柴犬~しかも笑顔~(悶絶)。あまりのかわいさに私もハーハーハー(危険)。

このあまりにも無防備な「ハーハー」姿に、いつものゴールドフィンガーテクでさらに「ハーハー」言わせてやろうと思ったのですが(←十分に自分が変態的変質者)、この植え込みが邪魔で向こうに行くことができませんでした……。
いや、行こうと思えば行けたのですが、人見知り屋1200%のぼくとしては、いつ飼い主の人が戻ってくるかと思うと気が気ではなく……。