いったいどうしたのでしょうか、毛皮族

今日は、下北沢は本多劇場に毛皮族「脳みそぐちゃぐちゃ人間」を観に来ています。
20060722-005.jpg
毛皮族公演としては、本来は昨年秋にも予定されていたようですが「何らかの事情により」突然の中止発表があったため、1年ぶりとなります。
気分はいやが上でも盛り上がるというものです。
が、しかし......チケット代、高っ!
最前列&2列目が1万円、通路前席で8千円って、帝国劇場かと思っちゃいましたよ。
それでも大好きなお目当ての役者さんが目の前を通るのなら、と清水の舞台から飛び降りる思いで8千円の席を買っちゃいました。

が、しかし......何ですか、これは。
ヒドイのですよ、ヒドイ。これで1万円や8千円はボッタクリなんです。
毛皮族といえば、確かにもともと内容は"学芸会レベル"であり、劇団というよりも主宰者である江本純子とその愉快な仲間たちといった方がよいものです。
それでも毎回毎回見に来ていたのは、その江本純子の解き放つ"毒"であり、"パワー"であり、"自由奔放さ"であり、そしてそれらがつむぎ出す"猥雑さ"があったからなんです。
しかし今回の公演はその江本純子に生彩が欠けているのです。
何と言うのか、元気がない。覇気がない。シッチャカメッチャカ。
当然のことながら、核である江本純子がその有様ですから、いつもステージ全体を多い尽くし、客席にまで押し寄せてくるようなパワーがまったく感じられないのでした。
これがまだ駅前劇場のような小さなところであれば、ステージや客席が狭い分、そのパワーが少しでも感じることができたのかも知れませんが、いかんせん、会場は「本多劇場」という大きなハコであったため、まったく届くことがなかったのでした。

唯一救われたのは、客演である澤田育子嬢に柿丸美智恵姉さんの存在。
彼女たちが登場メンバーのなかでも最もパワフルであったために、ピリッと引き締まっていたのでした。
そのためか、ステージ上でも彼女たちの存在の大きさも感じさせられ、登場するだけで笑いが起こっていたのでした。
(唯一会場で笑いをとれていたのが、その客演である彼女たちだけだったというから、かなり悲惨な状況です)

実は今回、大好きでお目当てとして行ったのが、その澤田育子嬢だったのですが、いやー、通路前席にしてよかった!
通路で歌って踊っていいにおいを残していくわ、こっちを指差してくれるわ、舞台上からずっとこちらの方を見ていてくれるわ......えへへ、ぼく自身が脳みそぐちゃぐちゃ人間になってしまったのでした。

しかし江本純子のパワーダウンが心配された今回の舞台ですが、次回公演がシアターアプルなんてさらに大会場......大丈夫なんでしょうか。
本多劇場でやってしまったからには「もう戻れない」というプライドもあるのかもしれませんが、一旦、以前のように駅前劇場のようなステージと客席の近い場所に戻って、パワーを一旦補充するというのもひとつの手ではないかと思うのですが。

トラックバック

» 毛皮族の行方 from のへぴょんのスゝメ
「脳みそぐちゃぐちゃ人間」(7月30日千秋楽)IN本多劇場 駅前のポスターに胸をトキめかせつつ見た、一年ぶりの毛皮族。 うーーーーん・・・・ ... 続きを読む

コメント

私も22日の公演を観に行きました。
ここ3年来の江本ファンとしては、一年ぶりの
舞台ということで、嫌が上にも盛り上がっていました。
題目の主旨を、狂気(異常)と正常という事で理解し、エロ和尚から、最後の戦争までを
その主題で見ていました。
全体的には楽しい舞台でしたが、おっしゃる
通り、私も江本純子に迫力が感じられないように思えました。
昨年7月の銭は君で見せたような、エログロ、
またこれでもか、これでもかという迫力が
ありませんでした。
舞台の終わり方も、皆拍手してよいのやら、
戸惑っていました。
昨年の江本純子の復活を期待します。

もりりんりんりんさん、こんばんは、
コメントをどうもありがとうございます。

もりりんりんりんさんも同じ日に行かれたそうですね。
お昼の方だったのでしょうか。
ぼくが観にいった夜の方でも、カーテンコールを1度だけでお客が帰ろうとしたときに、無理やり「あ、お客が帰ってしまう」と慌てて再度メンバーが登場してきた感がありました。

毛皮族の魅力はやはり江本純子にあるのですよね。
しかし今回はその彼女の体調が悪かったのでしょうか。
まったくパワーが伝わってこず、包み込むようなオーラ(存在感)も感じられなかったのが残念でした。
また歌の調子もちょっと外れ気味でよくなかったようですし、ダンスのキレも「銭は君」のコーラスラインのときのような「もう一度見せて!」感もありませんでした。
彼女のあのパワフルさがあれば、舞台そのものの内容はシッチャカメッチャカでもぼくは十分にいいと思うのです。

ぼくは正直、駅前劇場でやっていた頃の毛皮族を期待しているのですが……どんどんハコばかりが大きくなっていってちょっと付いていけるかどうか心配です。
(などと言いながらも、次回も観にいってしまいそうですが)

22日の土曜の昼3時の公演でした。
終わった瞬間、エーッ、終わったのという感じで、拍手も出来ませんでした。
今回の拍手は本当におざなりで、芝居の出来が良かったのに対する拍手はありませんでした。多くの観客がそう思っていると感じています。もともと、マスコミが裏宝塚と称していますが、それで良いと思います。宝塚にはない
パワーが江本にはあるように感じ、また
彼女の芝居がいつかは唐十郎のように
なることを期待しています。
多分来年の公演も見に行くと思います。
彼女のブログに批評が出来る欄があると
良いのですが。

もりりんりんさん(……りんが1つ減りました?)、こんばんは。
やはりマチネの方でしたか。

彼女のブログに批評欄があろうとなかろうと、きっと江本純子は江本純子として「わが道を行く」のではないかと思うのですね。
逆に、そうでなければ江本純子としての魅力も薄れていってしまうような気がします。
要は、やはりあのパワーなんですよね、彼女に必要なものは。
そのためか、今回は町田マリーにも生彩に欠けていたような気がしました。
ぜひとも澤田嬢や柿丸姉さんのあのパワーを分けてもらって欲しいものです。
(その分、澤田嬢や柿丸姉さんがパワーダウンしてしまうと困るのですが……)