なぜに今頃『びっくり館』のサイン本が?

紀伊國屋書店の新宿南店に、なぜか1冊だけ綾辻行人の『びっくり館の殺人』がサイン入りでひっそりと置かれていました。

調べてみると、この店で綾辻行人のサイン会が行われたのが4月2日ということで、もう3ヶ月以上も昔の話です。
それから何回もこの店には来ているはずなんですが、"店売り分"としてサイン本が置かれてあるのを見たことはありません......たぶん。
なぜに今頃になって、このサイン本が1冊だけひょっこりと売り場に現れたのでしょうか。
まさに、紀伊國屋書店こそが"びっくり館"なのですよ!

ひょっとしたら、以前に書いた売場担当者の悲痛なメモが涙を誘う叶姉妹写真集のときのように、取り置きをしておいたのにまったく取りに来ない輩がいたのかもしれません。
(その叶姉妹の写真集ですが、未だに4冊とも取り置き分が揃っているようです)