謎の花火と祭り囃子

夜、部屋でボーっとしていると、腹の底にまで響く「ドーン」「ドドーン」という音が外から轟いてくるのでした。
この音は……! 間違いありません、花火です。
窓から音のする方向(川崎方面……かな?)を見てみると、おお、目の前で花火がドカドカ上がっているのですよ。
「こりゃラッキーだぜ!」と夕涼みがてら外に出て花火見物をすることにしました。
……が、何だかしょぼいのです。
数日前に見た「横浜国際花火大会」のような迫力はありません。
単発ものが「ドーン」とあがり、その後かなり間をおいてから再び「ドーン」……。
さらに間が空くので「あれ? もう終わりかな?」と思わせたところで「ドーン」……。
花火師さんが一人だけしか居ないのでしょうか、かなりあたふたと走り回っていそうな感じがする、そんな間の空き方です。
しばらくこのような感じで「ドーン」……「ドーン」……と続いていたのですが、15分ほどたった頃、本当に終わってしまったのでした。
スターマインのような華やかに、「ああ、これで終わりかー!」と予感させるものではなく、“枝垂桜”か“柳”状のものが「ポーン、ポーン」とあがってからは、何もあがらなくなってしまったので、「ああ、終わっちゃったんだね」と察しを付けるあっけないエンディングだったのでした。
謎の花火はまずこんな火柱から始まりました しょぼい単発が続いたと思ったら、おお、連発ものが! そして枝垂桜(か柳)で終わってしまったのでした

しかし判らないのがこの花火大会。
いくら調べても、今日、川崎方面で予定されている花火大会なんて見つからないのです。
あっけない花火エンディングを迎えてからは、スピーカーを通じて「ヨイショ、ヨイショ」だか「「ワッショイ、ワッショイ」だかのような掛け声が聞こえてきたので、どこかの祭りだと思うのですが……。

ひょっとして、ぼくは夢でも見ていたのでしょうか。

トラックバック

» 20日の日記 from いいもの見つけた
16日の花火の写真は、これが最後。やっぱり夏は、花火ですねぇ。綺麗です。 続きを読む