1日限定2組の奈良「玄」

そして、いよいよメインイベント。
今回関西に帰ってきた最大の目的である、奈良の蕎麦屋「玄」にやって来たのでした!
夜の営業には初めてやってきた奈良の蕎麦屋「玄」

この「玄」、もともと奈良町の判りにくい路地にあるうえ、平日のみの営業と、実にサラリーマン泣かせのお店なんですが、その分蕎麦がもう絶品なのです(一般的に蕎麦が一番おいしくなくなる夏でさえ、その風味は忘れられないほどです)
昼の営業は要予約ながらも様々なお蕎麦が頂けるのですが、夜は"蕎麦遊膳"というコース料理のみなんです。
そしてこれがなんと「1日限定2組のみ」という敷居の高さなんですよ。
いや、"敷居が高い"というよりも、それだけ料理の内容や質に責任をもってサービスするという店側のこだわりなのでしょう。
今回久し振りに実家に帰ることになり、それなら......ということで「玄」に夜の予約空き状況を尋ねると、今日が空いていたのでした。
しかもこの予約が完了した時点で、店からハガキかFaxで"予約確認"が送られてくるので、我が家のようにFaxがない場合は、ハガキがちゃんと届くように余裕をもって予約した方がいいかもしれません。

そして以下、料理内容については後日、自宅に戻ってから更新いたします。
(果たして、料理の写真が撮れるかどうかが心配なのですが)

ということで、非常にもてなしていただいた「玄」夜の部のレポートをまとめました。
詳しくはこちらをどうぞ。

コメント

楽しみですね!
わたしも近々お蕎麦屋さんに行く予定があります。「玄」さんほどは敷居は高くないのですが、お昼は無くなり次第閉店。
お店は周りの民家と同化して、一見わからない。渡鬼のおかくら風・・・かな?(そのお蕎麦屋さんは「わたなべ」と言います)
『玄』さんの食後レポートお待ちしてます。

うちの子も凄く蕎麦が好きなので一度連れて行ってあげたいです。
でも、一組って、二人?
三人家族では駄目ですか?
料理内容など楽しみにしています。

ただ今、「玄」の蕎麦遊膳レポートを鋭意作成中です。今しばらくのお待ちを……。
しかし本当に本当に本当に美味しかったのです。
コース料理って、例えばフレンチなんかだと、食べてから次のお皿が出てくるまでの“間”がぼくは嫌いなのですが、ここはその間にもご主人が「どうでしょうか」とお伺いに現れたり、料理を運んでくれる女将さんと会話を楽しんだりと、単なる「サービス」だけでなく、本当に「もてなされている」ことが実感できる3時間でした。

●染乃香さん:
確かに、なぜかいいお蕎麦屋さんって判りにくいところにあることが多いですね。
いつも行く近所のお蕎麦屋さんも住宅街の真ん中の普通の家ですし、あとは山の中にあるかやぶき屋根の一軒がそうだったとか、林道rしき細い道をズンズン進んでいった突き当たりにあったとか。
しかしそうした“隠れ家”的なお店になぜか惹かれてしまうのですね。

●さららさん:
「一日限定二組」の「組」はあくまで「組」であって、人数は問題ないと思いますよ。
家族連れ程度であればまったく問題ないと思いますよ。
予約の際に人数はちゃんと訊かれますので、ご安心を……。