伊藤千枝「私、潜るわ。」(シアタートラム)

今日は三軒茶屋のシアタートラムまで、「珍しいキノコ舞踊団」の主宰者である伊藤千枝のソロダンス「私、潜るわ。」を観に来ています。

コンテンポラリーダンスと言えば、どんなに内容が難解であろうと観客に解釈を任せるのが一般的であり、そのため「意味が判らない」「面白くない」「退屈だ」という印象があるのです。
しかし「珍しいキノコ舞踊団」は、観て判りやすくて面白く、ポップでキュートなダンスを展開するグループなんですね。
それが今回は、その主宰者である伊藤千枝自身が"さらに好き勝手につくった"というから、面白くないはずがありません。
合間合間には伊藤自身によるMCが入り(この時点でコンテンポラリーダンスにしては珍しい)、制作した狙いや見所などを面白く解説してくれるため、さらに判りやすく楽しく、笑いの絶えないステージなのでした。
オープニングとエンディングなんて、ブルース・ブラザーズのテーマ曲にノリノリなロッケンローなんでよ。
正直、オープニングの時点であのノリでは最後まで保つかどうかなんてハラハラしちゃいました。