尻尾のひみつ

ものすごいトリビアネタです。
ひょっとしたら世紀のスクープかもしれません。

ゴールデンレトリバーの尻尾って、長い体毛に覆われていてフッサフサです。
ぷりん嬢の“ひらき”というのだそうです、この状態
この先っちょはどのようになっていると思います……?
てっきり普通に“先細り”しているだけだと思っていたら……なんと!
トゲなんです、トゲ。
手に当てると痛いほど硬くて立派なトゲになっているんです。
毛を掻き分けて覗いてみると……あ、本当だ。
小さなバラのトゲのようなものが見えるのです。

さあ、皆さんも町でゴールデンレトリバーを見かけたら、「ちょっと失礼(はあと)」と尻尾の毛先を掻き分けて、先っちょのトゲを見てみましょう!
(ただし大抵のワンコは尻尾を触られるのを嫌がりますので、お気をつけください ← ぷりんちゃんは全然嫌がらないので見たい放題なのでした)

コメント

その現象はゴルデンだけですか?
どの犬にでもなのかしら??
う~ん、気になる。
シッポの写真が萌え~。

いや、今回ぼくも初めて知ったので、他のワンコがどうなっているのかは判りませんです。
今度実家に帰った時にでも、飼っているシーズー犬で確認しようと思いますが、ぼくのことをいつも不審な目で見ているヤツなので、果たしておとなしく尻尾を触らせてもらえるかどうか……。
しかし、何となくどうも大型犬だけのような特徴のような気もします。