ページ/10ページ |次のページ最終ページ

直木賞効果とサイン本

またしても、今頃直木賞の話題ですみません。
今回も直木賞作発表と同時に、定点観測を行っている各書店では、ここぞとばかりに「直木賞受賞作家コーナー」が設けられていました。
森絵都はこれまでにもそこそこ本は見かけていたのですが、正直なところ三浦しをんは「まほろ駅前多田便利軒」をたまたま買っていただけで、他はまったく知りませんでした。
そんな折からのタイミングで新刊がドン。しかもサイン入りでドサ。
三浦しをんのサイン入り『三四郎はそれから門を出た』
夏目漱石の名著を集めたタイトルからも判るとおり(……と言い切るには無理がある)、読書ガイド的なエッセイ集なんです。
単なる読書案内かと思いきや、それだけにとどまらないところが三浦しをんという作者の実は魅力だったのでしょうか。
たまたま休憩がてら、喫茶店で読み出したのですが……止まりません。
例えば電車内で隣り合わせた人が読む本が何なの気になり、ページの文字の断片から何の本か推測したり、横から一緒に読み進めてしまい、続きが気になるが本のタイトルが確認できず、検索しまくってようやく目的の本を探し当てたり。
本を読む人なら誰しもが共感できそうなネタを単なる「あるあるネタ」にしてしまわず、“三浦しをん”というフィルターでろ過された濃い味わいの1冊なのでした。
「趣味は?」と聞かれてただ単に「読書」と答えることに抵抗があったり、常に何かを読んでいないと落ち着かず、トイレの洗浄剤や入浴剤の効能までついつい読んでしまっている人には特にお勧めできる本です。

ところで。
今回も相変わらず「直木賞コーナー」はあっても、「芥川賞コーナー」はありません。
確かに、まだ受賞作は単行本になってませんし、ひょっとして他の作品も版元品切れ中で大急ぎで増刷しているからかもしれません。
だからそのお詫びに……と言うわけでもないのでしょうが、奥さまである角田光代はバリバリの新刊が出ていて、こちらもサイン入りなのでした。
(たまたまのタイミングだっただけなのでしょうが……)
角田光代のサイン入り新刊『ドラママチ』

小路幸也を剥がしてみる

いつもおなじみ定点観測所である紀伊國屋書店の新宿南店に行ってみました。
すると……おお、小路幸也『キサトア』がサイン入りとなって山積みなんです。
小路幸也『キサトア』のサイン本、山積み
前回のサイン本、『東京バンドワゴン』ではわざわざ“初版ではございませんので、ご了承くださいませ”の断り書きが掲げられていたのですが、今回はそれもありません。
しかし気になったのは「直筆サイン本」という表示の紙片なんです。
通常の場合であれば、
通常のサイン本表示
のように、帯にサイン本である旨の紙片が折り込まれているのです。
が、このサイン本表示の紙片は異様にデカイ。
出版社であらかじめ用意されたサイン本表示
どうやら出版社の方であらかじめ用意したサイン本表示の紙片のようなのです。
……そしてその表示をよくよく見てみると、おお!
これ、シールなんですよ。
しかも、本体と帯に掛かるように貼り付けられています。
こ、これはキビシイ……。
下手に剥がそうとすると、帯を破ってしまいかねません。
わざわざ、「このシールは簡単にはがせます」なんて表示されているのですが、いえいえ。
自慢じゃないですけど、ぼくはものすごく不器用なんですよ。
包装されたものなんて、包装紙がいつもグチャグチャのビリビリに破いてしまわなければ開けられない野郎なんです。
ああ、これはブックオフの値札シールの悪夢が蘇るのです。
ブックオフの値札シールって、貼られてすぐは簡単に剥がせるのですが、時間が経つにつれて糊の成分がカバーに癒着してしまい、薄皮を残して剥がれてしまうか、爪でこすって無理に剥がしても糊の跡が残ってしまうのですね。
これまで何度、それで泣く目にあってしまったことか。

そんな訳で、このシールもブックオフの悪魔の値札のようになってしまわないうちに、慎重に剥がすことにしてみました。
まずは包まれているビニールを剥がして本をスタンバイさせます。
まずは本をスタンバイ
そして慎重に爪を入れて、剥がすきっかけをつくりました。
そしておもむろに剥がしていきます
おお、これはスムーズです。
シールそのものに記載されているように、“簡単にはがれ”ていくのです。
その感覚はまさに官能的。
剥がす快感にウットリとしながらも……いけません、いけません。
油断は禁物です。
順調に剥がれていくのでした
なかなかいい塩梅で進んでいきます。
ゆっくりゆっくりと剥がす作業を進めること約10分(←体感時間。実際は10秒ぐらいでしょう)、とうとう無事にシールは剥がれたのでした。
無事本来の姿に戻った『キサトア』
これほどまでに簡単に剥がせるのであれば、ぜひともブックオフの値札シールにも採用して欲しいくらいです!
でもブックオフの場合、勝手に100円シールに張り替える輩がいるって言うからなあ、無理かな。
いやいや、ここはIT大国ニッポン、POSシステムで管理は出来るでしょう。
ぜひとも新社長である清水國明のお姉さんには鶴の一声で新シールの導入と、新POSシステム導入を決定してもらいたいものです。

……あれ? そんなブックオフの話なんてどうでもいいのです。
(どうでもいいことないけど、小路幸也のサイン本とはまったく関係ない)
そんな苦労をした表紙をめくると、そこには確かに小路幸也のサインがあるのでした。
小路幸也のサイン

こんなん出ましたけど

ムシムシと暑いさなか、台所の缶詰コーナーをガサゴソ整理していると……見慣れないモノがゴロゴロ出てきました。
缶詰なのに箱入りという何だかよく判らない状態です。要は“高い”ということなのでしょう。
中身は……おお、ほぐし鮭です。
しかも、そんじょそこらのメーカーの製品ではなくて、北海道のお土産としてもらった地元産の缶詰なんです。
どおりで箱入りでゴージャスな感じのする缶詰な訳です。
「よし! 今夜は奮発してイクラでも買ってきて、“海鮮親子丼”にするぞ、オーッ!」と気勢を上げたのはいいのですが……

すっかり熟成しと思われる北海道土産のほぐし鮭
賞味期限、2002年だよ……

まあ、缶詰ですから……、少々の賞味期限オーバーはいいとして……2002年というのはちょっと……。

食べるべきかどうすべきか悩みつつ(←諦めきれない)、さらに缶詰コーナーの奥をゴソゴソまさぐっていると、おお! 今度はおかゆの缶詰なんて出てきたのですよ。
しかもお米はあきたこまち。
夏の食欲がないこの時期、お昼ご飯におかゆでサラサラッと済ませることを考えて「ウーン、グッドアイデア!」。
早速開けてみようとフタを見て……キャー!

平成13年って……もう5年前やん!
賞味期限が平成13年になっているのでした……。

2006年である今年が平成18年ですから、つまりは2001年が賞味期限の缶詰がゴンゴロリ。
「この数字、製造年月日じゃないの?」と思われそうですが、いえいえ、この缶詰をもらったのがまだ前の会社にいる頃ですから、まだ平成13年(2001年)になってはいなかったのです。その3年ぐらい前でしょうか……。
つまりは、賞味期限……。

賞味期限が2001年と2002年という、遥か過ぎ去った日々の缶詰を前に、言わば新たな我が家の2000年問題が勃発し、さてどうしたものかと台所の片隅で頭を抱える今日のムシ暑い昼下がりのことでした。

トラックバックが表示されずスンマセン(BlogPet)

中旬、書庫のドメイン名”と判断してはじいてみたんです
つまり、“はじかれるドメイン名から“はじかれてあったのです、あるのです
つまり、“はじかれている小粋空間さんのブログになっていたんです
とっても申し訳ありませんですよ

大急ぎで公開をいたしますよう、よろしくお願いいたしますので、なかには5月中旬に入るが、ここ最近いただくことが原因なようなのですが、そのなかには本来のブログのテンプレートデザインをお借りしてはじいている「MobavleType」には本来のブログになっていて、ヘナチョコ野郎のブログ記事を読んでいると毎日大量のトラックバックスパムがJunkフォルダに入るが、ここ最近いただくことがまったくないなーと思ってきてあったんです

つまり、“はじかれるドメイン名から“スパムである”と同じブログサービスをチェックをいたします


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「書庫のいぬ」が書きました。

著者直筆POPの魅力と魔力

光文社カッパノベルスの7月発売の新刊が出回っていました。
それに伴っての販促の一環なんでしょう、著者の直筆POPが飾られてあったのです。
サインも含め、とってもキュートな若竹七海さん♪の直筆POP
まずは若竹七海『猫島ハウスの騒動』です。
うーん、さすがは七海さん♪。
とびっきりキュートでポップなPOPで、ニャンコ好きなミステリファンにはたまらなく熱い期待感を抱かせる素敵なデザインなのです。
しかも「あり」ですからね、「「あり」。 ←ずれてる......
このあたりのレトロ感に、ファンとしては「葉山シリーズが帰ってきたー!」という気にさせられてしまうのです。

そして続いては霞流一『プラットホームに吠える』です。
文字が全体的に上に偏っている霞流一の直筆POP
こちらはキュートでポップな若竹七海さん♪バージョンとは一転して、文字ばかりで構成された無骨さが特徴的なPOPなのです。
その無骨さを払拭するためか、「発車しまーす!」などとおちゃらけているように見せていますが、いえいえ、その文字が与える無骨な印象はより強調されてしまうのです。
しかも、その文字そのものの位置が上部に偏ってしまっているため、全体的なバランス感が取れていません。
これはひょっとすると、「さらに何かキャッチィなコピーでも書いておこう......と思ったけど、思いつかん。やーめた」と書くことを放棄してしまったのかもしれません。
しかしそうすると、POP用紙の下半分が大胆に空いてしまいます。
そこで作者が考えたイリュージョナルな方法がこれなんですね!
コマ犬って......柴犬だし
なんと、柴犬が可愛く「コマ犬ミステリーだよ」と語り掛けてきています。
一見、「キャー、カワイイー」と思ってしまうところなんですが......、あれ?
"コマ犬ミステリー"と言いながらも、これって柴犬じゃないですか! 狛犬ではありません。
そもそも、この犬は誰?
(作者の飼い犬だったらすみません)

そして最後に登場するのは芦辺拓『千一夜の館の殺人』です。
よく見るとすごいことを書いてしまっている芦辺拓の直筆POP
『千一夜殺人』って、"の"が重なっているうーっ! ATOKに怒られてしまいそうなタイトルの作品です(←なんてイチャモンだ......)。
が、そんなことはどうでもいいのです。そもそもぼくはATOKなんて持ってないので、本当に怒られるかどうか判らないのです。
それよりこのPOPをよくよく見てください。
なんと、ものすごいことが書かれてしまっているのです!
なんと、もう本屋大賞の候補があがっている......?
次期本屋大賞候補作品?!
ついこの間にリリー・フランキー『東京タワー』が受賞したばかりだというのに、もう次期本屋大賞の候補作品が挙げられているのですよ!
しかも新刊で!
これはいったいどういうことなのでしょう。
そんな訳でPOPをよくよく見てみました。
「立」候補作品なのでした......

......おい。

本屋大賞のルールを勝手に捻じ曲げて、「立」候補なんてしてしまっている芦辺拓なのでした。
なぜに「日本推理作家協会賞」や「直木賞」ではなく、本屋大賞なのかが判らないのですが......。
(まさか、直筆POPでさりげなく圧力......)

ページ/10ページ |次のページ最終ページ