今月のスゴイ本

下北沢にあるヴィレッジヴァンガードで、今イチオシのスゴイ本というのが、雑誌「文學界」なんです。

なんでも、この店でアルバイトしていた人が新人賞をとったらしく、その受賞作品が掲載されているというのです。
“元”職場としてのツテでなのか、“生まれて初めてのサイン本”が、“お宝!”として販売されているのですが、この肝心のサインされている場所が掲載誌の表紙部分なので、保存状態や方法によってはアッという間に掠れて消えてしまいそうな気がするのですが……。
そうなると、サインそのものが現存している雑誌が本当の“お宝!”になってしまうのですね。