吊り橋でクェッ、クェッ

この格好が「クェッ、クェッ」であることが思い出せず、更新してませんでしたが、風呂場で「エウレカッ!」。
思い出したので今頃更新しています。

対向車が来るとすれ違えないようなデインジャラス山道をトットコ走っていると......おお!
吊り橋ですよ、吊り橋。
日常生活において手軽に得られるスリルとサスペンス。
まずは全力疾走で走り抜けてみました。
揺らして揺らして揺れてみました。
ケンケンで渡ってみました。
そして......「クェッ、クェッ」。
別の意味でスリルとサスペンスを味わいました。

コメント

サスペンス劇場ごっこができそうな吊り橋ですね。
奥さま一連の写真撮影ご苦労様です(笑)

背後から頭を石でガツンと殴りつけて、どう見ても人形が橋から落下ってパターンですね。
いつの間にか多額の生命保険に入れられてないか、気を付けなければなりません。
あ……。ということは、この写真がアリバイトリックに使われるのでしょうか……。
「刑事さん、彼が橋から突き落とされたとき、私はこんなに離れたところにいたんです!」。