お口に入りませんよ、ハンバーガー

今日は拙者ムニエル「華なき子」を観に、吉祥寺シアターに来ています。
せっかく吉祥寺まで来たのだから、かのミステリ専門書店「Trick+Trap」に行こうと思ったのですが……ガガーン、昨日アップされたお店のblogによると、今日の営業は16時までなのだそうなのです。
いやはや、吉祥寺は他に時間をつぶせそうなお店は知らないのです。
そんな訳で、以前にひろしさんに連れて行ってもらったヴィレッジ・ヴァンガード・ダイナーに行ってみました。
20060610-001.jpg
ヴィレッジ・ヴァンガードだったら下北沢のお店で十分に行きなれているので、どうってことないですもんね、へへん!
(ただし下北沢は完全に雑貨屋さんなんですが)
今日もまた、アボカドバーガーを頼みました。
……が、やっぱりあまりのボリュームのため、一度にかぶりつくことができません。
食べている端から、パンとパンの間から中身がボトッボトッと落ちてしまって、結局、パンしか食べられていないのです。
うーん、仕方ありません。ぼくの必殺技を出すことにしました。
「上パン」「アボカド」「ハンバーグ」「下パン」とバラバラにし、フォークで別々に食べたのでした。
考えてみたら、ぼくの場合マクドナルドの100円バーガーでさえ、普通に食べてもパンの間から中身をデロリンチョと出してしまうほどなんですから、こんなボリュームのあるハンバーガーを普通に食べようとしていること自体、無理をしているのです。
“身の程知らず”な冒険野郎だったのですね。

そんな訳で、今日からぼくのことを“ハンバーガーの冒険野郎マクガイバー”とでも呼んでください。