さざえのUFOキャッチャー

昨日の日記で更新することをうっかり忘れておりました。
房総半島のお土産屋さんの片隅に、こんな機械がひっそりポツンと置かれてあったのです。

20060601-001.jpg
サザエのUFOキャッチャー

どうですか、これ。
1回200円です。
うーん、ぬいぐるみならまだしも、生きている本物のサザエって……あまり欲しくありません。
というか、舌をベッローンと出してガラス面に張り付いているヤツなんて、絶対に獲られませんよ!

しかしヒトは誰しもギャンブラー。
あわよくば一攫千金を狙う孤高の戦士。
こんな機械があると思わず挑戦したくなってしまうのです。
サザエが欲しくなくたって、名誉と栄誉を手に入れるためには時には挑戦しなければならないときもあるのです!
そんな訳でレッツ・トライ、挑戦してみたのでした……。

チャポン。
チャポン。
チャポン。
……。

フト気がつくと1000円札が2枚分、機械の中に虚しく吸い込まれていったのでした。
「ケ、今日はこれぐらいで勘弁しといてやるからな」とお約束の捨て台詞を残し、おみやげ物屋さんを出ようとすると、こんなものが目に入ってきたのでした。

20060601-002.jpg
2000円も出したら、サザエ、5個も買えてたよ。

皆さまもUFOキャッチャーの周りは十分にご注意の上、挑戦ください。

コメント

昔伊勢えびキャッチャーってありましたが、それよりはとった後の対処ができそうですね。
それにしても、すぐ後で普通に売ってるの見るとへこみますね(笑)

伊勢エビだったら、持ち上げた瞬間にジタバタ暴れそうでなかなか難しいかもしれませんね。
それだったらやっぱりジッとしているサザエの方が、まだマシなのかもしれません。
でも、もう2度と挑戦はしませんよ!(高らかに宣言)
普通に買って、普通に持って帰って、普通につぼ焼きにして食べられる幸せをかみ締めたかった……。