房総半島、「夢のカレー」に行ってきました

ここです、ここ!
夢のカレーですよ、夢のカレー。
店の名前が「夢のカレー」なんですよ。
20060531-002.jpg
しかも"日本一うまいカレー"ときて"忘れられない味です!!"ですから気にならない訳がありません。
しかしながら店全体から漂うこのB級テイスト、どうですか。
そんな訳で突撃してきまーす。

あれれ?
店のなかはお昼どき真っ最中だというのに、お客さんがひとりもいませんよ......ドキドキ。
20060531-003.jpg
やがて店の奥からオジイチャンとオバアチャンが「いらっしゃーい」と現れました。
結構、話好きのオジイチャン、オバアチャンらしく、注文品ができるまでの間は「これでも読んで」と、落書きノートを渡され、また注文品が出てくると店の来歴や店名の由来などを話してくれるのでした。
それによると、オジイチャンの子供の頃、まだまだ洋食が贅沢品だったときに年に一度、お小遣いをためて食べるカレーの味が忘れられず、その味を再現するために店を立ち上げたそうです。

さて、その"夢のカレー"はこちらです。
20060531-004.jpg
味は、結構さっぱり系でありながらコクがあるというのでしょうか。
最近流行の「辛さ」や「パンチ」を求めると、ちょっともの足りないかもしれませんが、なかなかいけます。
女性の方にはちょうどいいのではないでしょうか。
卓上にはなぜか、オニオンスライスがタッパーで「ドン」と置かれてあります。
20060531-005.jpg
これをライスの上にかけて、カレーと一緒に食べるといいそうです。
どれどれ......と一口食べて「ンマイーッ!」
玉ネギをよく炒めて......と言うのはよくあること(と言うか、カレーの基本)ですが、ライスの上にのせてカレーと食べると、より玉ネギの「甘さ」がカレーのコクを引き立てるのです。
これはぜひ家でも試してみようと思ったのでした。
......あ、でも辛い玉ネギだとちょっとつらいかもしれませんね。
甘いたまねぎが手に入った暁には、ぜひとも「オニオン・オン・ザ・ライス・カレー」(←勝手に命名)をお試しください。

コメント

日本一ウマイと書いてありますね〜

戦況は如何??

ウマイです。
あのインパクトに偽りはありませんでした。
が、正直、「どうウマイのか」が説明できないんです。
お店をやっているおじいちゃんとおばあちゃんの人柄も味わい深いものがあります。
(人懐っこい看板犬もいるそうですが、残念ながらグッスリと寝ているそうで会えませんでした)

まさか夢オチ?

いや、本当にもう、夢ではなくインパクトは現実的に十分にあります。
ぜひぜひ房総半島に行かれた際には立ち寄ってみてください。
あと、オニオンスライスがタッパーに山盛りで“ドンッ”と置かれるので、それをご飯の上にのせてカレーと混ぜるようにして食べると……おおう。
これまたなかなか夢のようなテイスティが味わえるのです。