筒井康隆サイン入り新刊

三省堂書店の神田本店で筒井康隆サイン会があったのですが、ぼく自身あいにくの予定が入っていて行くことができず、悔しい思いをしたのが先々週の土曜日のことです。
ところが捨てる神あれば拾う神あり、ですね!
(↑使い方、間違っているっぽい)
今日は、その三省堂書店の近所にあって、ぼくが密かに“サイン本のメッカ”と呼んでいる東京堂書店に行ったのです。
すると……、おおう!
なんと、サイン本コーナーに筒井康隆の新刊『壊れかた指南』があるじゃないですか!
おそるおそる表紙を開いてみると……ンガググ(昔のサザエさん風に)、

やっぱりサイン本なのでした。
ああん、ああん、この立派な筆使い、これはもうサイン本というよりも、「署名本」とでも呼びたくなるような神々しさですね。

さすがは、ぼくが密かに“サイン本のメッカ”と呼んでいる東京堂書店、やってくださいます。

コメント

わー筒井康隆さん字が上手い!
これはなかはしさんの為に書いてくれたサインですよ、きっと。
だから、なかはしさんは東京堂書店さんに足が向き、このサイン本に出会えたのですよ。
運命のお導きです。

そうですね、やっぱりこれも運命のお導きでしょうか。
残りも3冊程度だけでしたし、ギリギリセーフといったところでした。
しかし、逆に運命のお導きがなく手に入れ損なった本も、実はたくさんありますので、手に入れられる確率としては、実は五分五分といったところでしょうか……。
(↑現状で満足できず、どこまででも物欲の大きい奴)